- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織破ったスタン 逆転時の心境

錦織圭/スタン・ワウリンカ
握手を交わす錦織とワウリンカ
画像提供: tennis365.net
テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は9日、男子シングルス準決勝が行われ、第3シードのS・ワウリンカ(スイス)が第6シードの錦織圭(日本)を4-6, 7-5, 6-4, 6-2の逆転で下し、大会初の決勝進出を果たした。

>>全米オープン対戦表<<

「チャンスを待ち、戦い続ける必要があった」と31歳のワウリンカは第1セットを先取された時の気持ちを語っていた。

そのプレースタイルは、これまでのワウリンカのキャリアを物語っていた。28歳になるまでグランドスラムで準決勝進出を果たせなかったワウリンカは、今では自身3度目のグランドスラム優勝に王手をかけている。

2014年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)で当時世界ランク1位だったR・ナダル(スペイン)を下して初優勝を飾ると、昨年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)ではN・ジョコビッチ(セルビア)を破って2度目のタイトル獲得。グランドスラム決勝戦での対戦成績は2勝0敗で、ここまで勝ち上がった決勝戦では10大会連続で優勝を果たしている。

大会が進むにつれて、ワウリンカはよりプレーを向上させる。今大会もそうだった。3回戦では世界ランク64位のD・エヴァンス(英国)にマッチポイントを握られる崖っぷちから勝ち上がると、準々決勝では2009年の全米オープン覇者であるJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)を見事なプレーで退けた。

錦織は、この日の試合まで全米オープンではトップ10選手に5勝0敗と1度も負けていなかった。また、全米オープンが唯一準決勝以上進出を果たしているグランドスラムで、2014年は決勝へ進出したがM・チリッチ(クロアチア)に敗れ準優勝に終わっていた。

準々決勝で第2シードのA・マレー(英国)をフルセットで下していた錦織に対し、ワウリンカは「少しずつ良いプレーをするように努力していた。少しずつ速く、少しずつショットも重く。そして彼(錦織)を走らせるようにもした」と試合中の心境を明かした。

錦織は終盤、ポイント間で両足を揺さぶる仕草を見せたり、コートチェンジでは重い足取りでチェアへ向かっていた。そんな錦織だったが、第3・第4セットはワウリンカに先にブレークを許すもブレークバックする粘りを見せた。

しかし、試合を引っくり返すだけのエネルギーは残っておらず、15回もブレークポイントを握りながら、わずか4回しか活かすことが出来なかった。

「本当に残念。特に第2セットは」と錦織。

「あれは大きなミスだった。その後に彼(ワウリンカ)のプレーがどんどん良くなってしまった」と試合を振り返っていた。

マレーとの準々決勝では、屋根を閉じたことが錦織に有利に働いたと感じられていた。しかし、この日も第3セット途中で雨のため屋根が閉じられたが、錦織に流れが傾くことはなかった。

ワウリンカは最高の形でポイントを獲得したり、大切なポイントを獲得すると、人差し指でこめかみを指す仕草を何度も見せていた。

「時にはコートで心地よく感じない時もある。自分自身と戦わなければならない。けど、ポイントを獲得した時は自分自身に満足するし、自分自身を誇りに思っている。やりたいことが出来て強気でいる時に行う」と人差し指でこめかみを指す独特な行為について説明した。

全米オープン初のタイトル獲得を目指すワウリンカは、決勝で第1シードのジョコビッチと対戦する。

(STATS - AP)






■関連ニュース■ 

・ワウリンカ「満足」 次は錦織
・錦織「疲れて思考能力が低下」
・錦織、準決勝敗退も5位確定
(2016年9月11日8時17分)

その他のニュース

8月20日

チョン 全米OP予選2回戦へ (18時09分)

インカレ 単複決勝の結果一覧 (17時07分)

マレー 2週連続の初戦敗退 (16時29分)

フェデラーら全米会場で練習 (14時55分)

錦織 最終戦ランクは8位 (11時19分)

清水綾乃 全米OP予選2回戦へ (11時15分)

杉田ら全米OP予選2回戦へ (8時51分)

8月19日

インカレ 今村と山尾が決勝へ (21時56分)

インカレ 佐藤南帆が単複決勝へ (21時34分)

メドヴェデフ 初のトップ5へ (19時16分)

錦織7位 西岡は59位へ浮上 (16時45分)

西岡59位へ 自己最高目前 (15時21分)

テニス365とウインザーが提携 (15時13分)

キーズV トップ10返り咲き (14時46分)

大坂1位 全米は第1シード (13時29分)

メドヴェデフ「最高の1週間」 (12時01分)

錦織 世界ランク7位へ後退 (11時13分)

メドヴェデフ マスターズ初V (7時29分)

8月18日

インカレ男子 単複4強が出揃う (21時04分)

インカレ女子 単複4強が出揃う (20時48分)

ジョコ脱帽「世界のトップ」 (17時35分)

メドヴェデフ 3週連続決勝へ (16時05分)

全日本Jr 男子は藤原智也がV (16時00分)

全日本Jr女子、山口瑞希がV (15時17分)

ゴファン マスターズ初の決勝へ (14時22分)

インカレ 準決勝からライブ配信 (14時21分)

マレー 2週連続で単に臨む (13時48分)

錦織 練習再開、全米へ向け調整 (11時40分)

ジョコ逆転負けで2連覇ならず (9時01分)

大坂なおみ 世界1位キープ確定 (1時17分)

8月17日

羽澤慎治や小林雅哉が敗退 (23時11分)

佐藤南帆ら単8強出揃う (23時10分)

全日本Jr 17日女子結果一覧 (21時08分)

全日本Jr男子 17日結果一覧 (20時42分)

メドヴェデフ 7位以上が確定 (18時02分)

大坂から世界1位奪取王手 (15時16分)

西岡棄権「点滴2リットル」 (11時56分)

ジョコビッチ 7度目4強入り (11時41分)

大坂なおみ「全米OP心配」 (8時52分)

けがから復活 ガスケ4強へ (8時26分)

大坂なおみ途中棄権 4強逃す (6時27分)

【1ポイント速報】大坂vsケニン (6時25分)

西岡良仁、体調不良で棄権 (4時30分)

【中止】西岡vsゴファン (4時29分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!