- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコvsフェデラーは準決勝か

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は24日、男子シングルスのドローを発表し、シード勢が順当に勝ち上がると第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と第3シードでウィンブルドン最多優勝の7度を誇るR・フェデラー(スイス)が準決勝で対戦する組合せになった。

>>ウィンブルドン対戦表<<

これまで両者は決勝戦での対戦が定番とされていたが、今年のドローでは同じトップハーフにいることで準決勝での対戦となる。世界ランク1位のジョコビッチは、グランドスラム5大会連続優勝、さらに年間グランドスラム達成を目指し、今季3度目のグランドスラムへ挑む。

第2シードのA・マレー(英国)は、比較的優しいと見られるボトムハーフにおり、上位シードが順当に勝ち上がると準決勝では第4シードのS・ワウリンカ(スイス)と対戦する可能性がある。

ジョコビッチは今年の全豪オープンと全仏オープンの決勝戦で、いずれもマレーを下して優勝。そして27日から開幕するウィンブルドンでは、13度目のグランドスラム優勝を狙う。

上位シード勢が順当に勝ち上がった場合、準々決勝での顔ぶれはジョコビッチ対M・ラオニチ、フェデラー対錦織圭、ワウリンカ対D・ティエム、そしてマレー対R・ガスケ(フランス)となる。

全仏オープンを制して生涯グランドスラムを達成したジョコビッチは、ウィンブルドンで4度目の優勝を目指し1回戦で地元イギリス出身のJ・ワード(英国)と対戦する。

シード勢が勝ち上がるとジョコビッチは、3回戦で第28シードのS・クエリー(アメリカ)、4回戦では第13シードのD・フェレール(スペイン)と対戦する。そして、J・マッケンロー(アメリカ)をコーチとして招いたラオニチが、ビッグサービスを武器に準々決勝でジョコビッチを待ち構える。

ジョコビッチは全仏オープンを制したことで、1969年のR・レーバー(オーストラリア)以来となるグランドスラム4大会連続優勝を飾った。そして、1992年のJ・クーリア(アメリカ)以来となる全豪オープンと全仏オープンを連続して優勝している。

初戦、2013年のチャンピオンであるマレーはL・ブローディとの同胞対決、大会18度目の出場となるフェデラーはG・ペラ(アルゼンチン)と顔を合わせる。

第2シードのマレーは、2013年のウィンブルドン決勝戦でジョコビッチをストレートで下し、自身2度目のグランドスラム優勝を飾ったが、それ以降グランドスラムでの優勝から遠ざかっている。先週ロンドンで行われたAEGON選手権では、大会史上最多となる5度目の優勝を飾っており、I・レンドル(アメリカ)を再びコーチとして招いてウィンブルドンへ臨む。

第3シードのワウリンカは2回戦で、かつてベスト4入りした経験のあるJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)と対戦する可能性がある。デル=ポトロは、度重なる両手首の手術からの復帰途中におり、ウィンブルドンには2013年以来のエントリーとなっている。

恐らく最も注目を集めている1回戦の対戦カードは、第8シードのD・ティエムと怪我から復帰したF・マイヤー(ドイツ)の一戦だろう。

22歳で成長著しいティエムと32歳のベテランのマイヤーは、先週行われたゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、芝、ATP500)の準決勝で対戦しており、マイヤーが予想を反してストレートでティエムを下していた。その後マイヤーは、自身初となるATP500大会での優勝を飾った。

(STATS - AP)






■関連ニュース■ 

・ジョコ 練習で「アクシデント」
・ジョコvsフェデラー 優勝は?
・全英名勝負 ナダルvsフェデラー
(2016年6月25日16時19分)

その他のニュース

9月23日

西岡良仁は第8シードに完敗 (18時22分)

錦織 最終戦ランク9位へ後退 (17時38分)

フェデラーら 勝利の喜び語る (14時46分)

ツォンガ 激闘制し4度目V (12時44分)

好調メドヴェデフ 今季3勝目 (12時14分)

大坂4位 23日付世界ランク (9時04分)

錦織 世界ランク8位、23日付 (8時37分)

フェデラーら欧州チームV3 (4時30分)

9月22日

ナダル 炎症でレーバー杯棄権 (19時26分)

大坂V「何か運命のよう」 (16時37分)

大坂 大阪の思い出は「肉まん」 (15時57分)

メドヴェデフ 熱戦制し決勝へ (15時27分)

大坂に完敗「素晴らしい」 (15時05分)

大坂なおみ「大阪Vは格別」 (14時04分)

大坂なおみ 東レPPO初優勝 (13時21分)

【1ポイント速報】大坂vsパブリュチェンコワ (12時02分)

フェデラーとナダルが勝利 (8時48分)

9月21日

フェデラー/ズベレフが勝利 (20時56分)

大坂「錦織が日本テニス牽引」 (19時02分)

土居/ 日比野組 決勝進出逃す (19時01分)

大坂「落ち着いて試合できた」 (17時19分)

大坂なおみ 3度目の決勝進出 (16時57分)

土居美咲 完敗で4強ならず (15時32分)

プイユ ツォンガとの同胞対決へ (15時08分)

【1ポイント速報】大坂vsメルテンス (14時20分)

【1ポイント速報】土居vsパブリュチェンコワ (14時09分)

大坂なおみ4強 天敵に初勝利 (13時58分)

【1ポイント速報】大坂vsプチンセワ (12時03分)

錦織 楽天OPなど欠場を発表 (7時45分)

9月20日

大坂 準々決勝は翌日へ順延 (20時12分)

イズナーらレーバー杯意気込み (17時42分)

快勝ツォンガ 4年ぶりの8強へ (16時57分)

ハチャノフ破り8強「幸せ」 (14時13分)

メドヴェデフ 快勝で8強入り (12時18分)

第1シードのゴファン 初戦敗退 (11時19分)

錦織 MLBカブス戦で始球式 (11時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!