- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織育てたIMGを深掘り

テニスで27日から行われるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)に出場予定の錦織圭が13歳から留学していたことで一躍有名になったアメリカのフロリダ州ブラデントンにある「IMGアカデミー」。

IMGアカデミーは、10名の世界ランク1位プレイヤーを育てたニック・ボロテリーが監修し、A・アガシ(アメリカ)Bo・ベッカー(ドイツ)M・ヒンギス(スイス)M・シャラポワ(ロシア)S・ウィリアムズ(アメリカ)V・ウィリアムズ(アメリカ)ら世界トップ選手を多数輩出している、世界屈指の名門アカデミーである。

前回、そのIMGアカデミーの日本正規代理店である「アスリートブランド」の根本真吾氏に現地でのトレーニングや環境について話を聞いたが、今回はより深くIMGアカデミーについて深掘りする。

■前回記事:錦織育てたIMG 魅力と裏側

「IMGアカデミーは錦織選手が留学していたところとして有名になったので、エリート選手しか参加できないイメージをお持ちの方もいるようですが、まったくそんなことはありません。」

「初心者から上級者まで全てのレベルの選手を受け入れています。また、期間も1週間から参加できるので、体験的に参加することができます。最近では学校のホームステイ研修の代わりに、海外体験の1つとしてIMGアカデミーの短期留学に参加する方も増えてきています。」と根本氏。

プログラムにある、【半日テニス+半日英語】と【全日テニス】との違いを問うと「IMGアカデミーには高校卒業単位が取れる中高一貫校および留学生用の英語プログラムがあります。短期生は一日中テニスをする全日テニスプログラムの他に半日英語レッスンを受け、半日テニスを行うプログラムに参加することができます。」

「半日テニス+半日英語のプログラムは、午前中にテニス、午後英語プログラムとなります。通常午後は試合が中心になり、半日テニス+半日英語プログラムの参加者はその試合の部分が英語の授業に代わります。自主練などで、他の生徒と試合をすることはもちろん可能ではあります。」

「これまでの生徒さんからのフィードバックでは、テニスをがっつりやりたい人にとっては半日テニス+半日英語のプログラムではちょっと物足りない、全日テニスのほうがいいようです。」

「一方、1日テニスだと体力的に不安なので、半日プログラムがちょうどいい。半日英語プログラムをしたことで、日本の学校で単位認定される、ということで半日英語+半日テンスプログラムを積極的に選ぶ方もいらっしゃいます。」と、目的によってプログラムを選択できることもIMGアカデミーの特徴である。

最後に、他のアカデミーとの違いを聞くと「他のアカデミーのことを熟知しているわけではないのですが、大きな違いとして、IMGアカデミーはテニスだけでなく他に7つのスポーツ(バスケットボール、野球、サッカー、ゴルフ、ラクロス、アメリカンフットボール、陸上)のプログラムも開催されていることです。」





「寮はすべての選手が滞在し、いろいろな国のいろいろなスポーツの選手たちと寮生活を一緒にする機会があります。同じスポーツの選手で部屋割りされるわけでありません。南アフリカのサッカー選手や、メキシコの野球選手と一緒になった選手もいました。」

「敷地内にすべてワンストップで揃っているので、移動の心配もなく、緊急時への対応、セキュリティも整っています。また、食事の時間は食堂に、練習の時間はコートに、基本的に自ら場所に行くようになっているため、自然と自主性が身に着くことでしょう。」と話した。

IMGアカデミーでは、夏休みの期間を利用した短期のプログラムが受けられる。

将来のプロの卵が集まる環境の中で、世界中から集まる同世代と寝食を共にし、スポーツで競い合い、夢を語り合い、心を通じ合う。スポーツを通じて、より実践的な国際交流、自立を促す海外体験の機会である。

>>IMGアカデミー短期プログラムはこちらから<<


■関連ニュース■ 

・錦織育てたIMG 魅力と裏側
・錦織 日本人最高位にランク
・錦織47位 フェデラーは5位に
(2016年6月17日16時54分)

その他のニュース

1月17日

ラオニッチ 4時間の激闘制す (16時39分)

錦織 全豪3回戦は世界44位 (16時27分)

【速報中】ダニエル太郎vsシャポバロフ (15時40分)

大坂、全豪2年連続3回戦へ (15時08分)

錦織、死闘制し全豪3回戦へ (13時05分)

【1ポイント速報】錦織vsカルロビッチ (9時10分)

1月16日

ナダル 圧勝で全豪OP3回戦へ (20時59分)

【1ポイント速報】ナダルvsエブデン (18時56分)

西岡 GSの活躍「あと2・3年」 (18時16分)

西岡 GS初3回戦進出ならず (15時53分)

フェデラー 20年連続3回戦へ (15時31分)

ティアフォー 世界6位破る (14時48分)

錦織「好きな相手ではない」 (12時32分)

理想を追求した新ブランド (12時06分)

大坂 初戦「テストしていた」 (9時54分)

女王ハレプ 苦戦も初戦突破 (9時07分)

1月15日

錦織、初戦「悪くなかった」 (21時39分)

大坂なおみ 4年連続の初戦突破 (20時43分)

【1ポイント速報】大坂vsリネッタ (19時31分)

ジョコ 13年連続の初戦突破 (19時30分)

大坂 初戦は「難しい相手」 (17時10分)

ダニエル太郎の相手が棄権 (15時41分)

錦織 辛勝、世界176位に驚き (15時30分)

土居 6年ぶり初戦突破ならず (15時19分)

錦織 相手棄権で全豪初戦突破 (12時15分)

【1ポイント速報】錦織vsマイクシャク (8時59分)

全豪オープン公式タオル発売 (8時54分)

1月14日

マレー 最後の全豪は初戦敗退 (21時05分)

ジョコ サイン入りシューズ (21時04分)

【1ポイント速報】マレーら1回戦 (20時31分)

シャラポワ 涙の相手は考えず (20時29分)

西岡良仁 全豪3年連続初戦突破 (19時09分)

20歳チチパス 初の初戦突破 (17時44分)

伊藤竜馬 6年ぶり勝利ならず (15時39分)

波乱 イズナー全豪OP初戦敗退 (15時17分)

ディミトロフ 逆転で2回戦へ (14時07分)

ナダル 全豪3年連続初戦突破 (13時02分)

錦織 30度超えの全豪で練習 (12時05分)

錦織9位 14日付日本勢世界ランク (11時28分)

ワウリンカ SNS投稿の意図 (9時12分)

「錦織に憧れ」韓国チョン語る (6時58分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!