- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織所属のIMG 魅力と裏側

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で活躍中の錦織圭が13歳から留学していたことで一躍有名になったアメリカのフロリダ州ブラデントンにある「IMGアカデミー」。

IMGアカデミーは、10名の世界ランク1位プレイヤーを育てたニック・ボロテリーが監修し、A・アガシ(アメリカ)Bo・ベッカー(ドイツ)M・ヒンギス(スイス)M・シャラポワ(ロシア)S・ウィリアムズ(アメリカ)V・ウィリアムズ(アメリカ)ら世界トップ選手を多数輩出している、言わずと知れた世界屈指の名門アカデミーである。

今回は、そのIMGアカデミーの日本正規代理店である「アスリートブランド」の根本真吾氏に現地でのトレーニングや環境について話を聞いた。

「通常、日本を日曜日に出発し、現地時間の日曜日に到着します。日本からのフライトだと大抵夕方か夜の到着となります。IMGアカデミーから15-20分ぐらいのサラソタ空港にはIMGアカデミーのスタッフが迎えに来てくれます。」

「IMGアカデミーに到着するとフロントでチェックインをし、IDカードが渡されます。これは部屋の鍵代わりになり、また事前にお金を入れておくことでキャッシュレスカードの代わりにもなります。滞在中は食事がついています。食事は食堂でビュッフェ形式で提供されます。飲み物もバラエティに富んでいます。」と現地でのサポートも充実している。




気になる現地でのレッスンについて聞くと「レッスンは月曜から金曜日まで。到着翌日の月曜日朝からレッスンはスタートします。」

「初日はレベルチェックが行われ、レベル毎にグループ分けされ、その最初の1週間は同じグループでトレーニングをしていくことになります。1グループ20名程度、コーチが5人。4人に1人のコーチがつき、1コートを使用します。」と話し、IMGアカデミーの特徴である少人数制のレッスンが体験できる。

また「午後のメニューはおもに試合形式です。世界中から同世代の選手たちが集まってくるのが、IMGアカデミーの特徴。国や文化が異なるとプレースタイルも色々です。ただ試合をするのでなく、楽しみながら、競争心も向上させるような、そしてより多くの選手たちと実際にプレーができるような工夫がされています。」

「例えば、2人がペアになり、2ポイント先取のゲームをグループ内でしていきます。勝った方は常にコートに残り、負けた方はローテーションとなります。一定時間が来た時に勝ち側にいたら、今度はさらにレベルの高いグループに昇格、負け側の一番後ろにいたペアは下のグループに降格となります。」

「色々な選手と対戦することで、ゲーム運び、球の強さ、くせ、伸び、タイミングの取りにくいフォームなど、今までやったことのないようなスタイルのテニスを体験できるかもしれません。」とIMGアカデミーならではの練習方法を教えてくれた。





次に留学中のコミュニケーションについて聞いた。

「日本人コーチが2人いますが、それ以外は外国人コーチ。コーチの指示はすべて英語。もちろん日本人以外のグループの仲間とのコミュニケーションも英語です。」と根本氏。
いきなり海外に行って言葉も分からず練習に参加するのは、さすがに抵抗があるように思えるが「それでもテニスはテニス。言葉は完璧には分からなくても、テニスというスポーツの面白さは万国共通です。」

「同じグループで一緒になって、ワンポイントを取りにいき、相手に勝った、あるいは負けて一緒になって悔しがる中で、言葉を超えたチームワークが生まれてきたりします。また待っている間に、他のグループから来た選手たちと仲良くなったりするかもしれません。」

「ある参加者は1人でサーブ練習をしていると見知らぬ他のグループの生徒から試合を申し込まれることもあったようで、フレンドリーなアメリカならではの光景です。」と、同じ目的を持つ者が集まる場所では言葉の壁はないようだ。


錦織を筆頭に、日本人選手が次々と世界で活躍している今、世界トップ選手が行なったレッスンを体験し、自身の視野・考えを広げることも「第2の錦織」を目指す上では必要なのかもしれない。

IMGアカデミーでは、夏休みの期間を利用した短期のプログラムが受けられる。

世界的著名なコーチやプロ選手にも遭遇する可能性があり、将来のプロの卵が集まる環境の中で、次世代を担う世界のアスリートと寝食を共にし、夢を語る。短期でまずは渡米して、プレーをして、自身を知るチャンスである。

>>IMGアカデミー短期プログラムはこちらから<<


■関連ニュース■ 

・錦織 苦戦「簡単ではなかった」
・錦織「男として辛かった(笑)」
・錦織ら輩出 IMGテニスを体感
(2016年5月28日12時41分)

その他のニュース

8月14日

YouTube 成蹊高校テニス部を取材!後編 (21時04分)

ハレプ TOP10に返り咲き (20時10分)

マクラクラン組がCH優勝 (18時41分)

7月ラケット売上ランキング発表 (18時01分)

日比野 2大会連続の途中棄権 (16時21分)

西岡良仁、第1シードで出場 (15時32分)

3時間の激闘制しMS初決勝 (14時40分)

ナダル シンシナティ会場で練習 (12時53分)

快進撃止まらず初の決勝へ (11時47分)

ハレプ 4年ぶり3度目Vに王手 (10時40分)

マレーとワウリンカ 初戦で激突 (9時51分)

フルカチュ決勝へ、ルード撃破 (8時42分)

ダニエル太郎、予選決勝逃す (7時45分)

8月13日

土居 会場前ツーショット (22時22分)

ワウリンカ 会場で練習 (18時38分)

逆転で「WTA1000」初4強 (17時22分)

「これがライブスポーツ」 (16時32分)

カレノ=ブスタ MSで3度目4強 (15時50分)

ハレプ 18歳ガウフ破り4強 (15時01分)

オジェ「重要なのは前進」 (12時40分)

セリーナ 初戦は昨年の全米女王 (11時37分)

ダニエル、マレーと今季4戦目 (10時49分)

ルード 初の4強、オジェ撃破 (10時17分)

ナダルは第2シードで出場 (9時40分)

大坂なおみ 初戦は世界45位 (8時44分)

キリオス破り初4強「満足」 (8時01分)

ナダルがシンシナティ到着 (7時11分)

8月12日

8強キリオス「つらかった」 (21時34分)

負傷モンフィス「良くない」 (18時31分)

22歳オジェ「誇りに思う」 (17時20分)

モントリオール8強出揃う (15時00分)

2013年準Vモンフィス WC獲得 (13時38分)

プロも参加 失われた「テニスを楽しむ機会」を提供するイベント (11時55分)

モンフィス 右足負傷で途中棄権 (11時22分)

ブラジル人女性初の快挙「特別」 (10時28分)

止まらないキリオスが8強入り (8時45分)

快勝オジェ 前週リベンジで8強 (8時15分)

過去2度Vのハレプ 3年ぶり8強 (7時45分)

ガウフ8強 3時間超え激闘制す (7時15分)

ルード 激闘制し2年連続の8強 (6時01分)

8月11日

2019年女王、激闘制し16強 (23時35分)

西岡良仁、敗退も「相当いい」 (22時38分)

アルカラス「世界4位の重圧」 (21時41分)

波乱 一夜でトップ3シード敗退 (16時02分)

昨年大会Vのジョルジ 16強 (15時40分)

セリーナ「さよならトロント」 (15時01分)

シフィオンテク 完勝で初戦突破 (14時23分)

キリオス「方向性明確」メド撃破 (13時57分)

ナダルらウクライナ支援マッチへ (13時14分)

錦織 サンディエゴOP出場を発表 (11時39分)

西岡良仁 オジェに屈し16強逃す (11時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsオジェ アリアシム (7時11分)

ナダル出場「明日現地へ」 (6時57分)

アルカラス 激闘の末に初戦敗退 (6時35分)

キリオス、メド撃破で16強 (5時58分)

チチパスとルード ビッグ4と共演 (0時21分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!