- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレー順延、大声で自身に喝

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は大会2日目の23日、男子シングルス1回戦が行われ、第2シードのA・マレー(英国)が予選を勝ち抜いたR・シュティエパネック(チェコ共和国)と対戦し、3-6, 3-6, 6-0, 4-2の時点で日没により、翌日へ順延となった。

>>全仏オープン対戦表<<

この試合、元世界ランク8位で37歳のシュティエパネックの猛攻に遭ったマレーは、2セットダウンの崖っぷちに立たされる。



第2セットを取った瞬間のシュティエパネック


その後、第3セットの第1ゲームをサービスキープしたマレーは大声で叫び、自身に喝を入れた。



自身に喝を入れるマレー


そして、第2ゲームをブレークすると大きなガッツポーズを見せてシュティエパネックに1ゲームも与えずに第3セットを取る。第4セットもリードしていたが、日没により翌日への順延が決まった。

再開は翌日24日のセンターコートであるフィリップ・シャトリエの第2試合となっている。

世界ランク2位のマレーは、5月のマドリッド・オープンで準優勝、BNLイタリア国際では優勝を飾るなど今季のクレーシーズンで好調だったが、今大会の初戦は思わぬ苦戦を強いられている。

昨年は準決勝でN・ジョコビッチ(セルビア)にフルセットで敗れており、今大会で初の全仏オープン制覇を狙う。

また、上位シード勢が順当に勝ち進んだ場合、マレーは準々決勝で第5シードの錦織圭と対戦する組み合わせとなっている。






■関連ニュース■ 

・錦織「危険」 2回戦を警戒
・マレーは「とても複雑な選手」
・マレー 新コーチ急いでない
(2016年5月24日5時09分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!