- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレーは「とても複雑な選手」

男子テニスで世界ランク2位のA・マレー(英国)とコーチ関係に終止符を打った女子テニスで元世界ランク1位のA・モレスモ(フランス)は、その決断に至った理由を公にした。

マレーは、男子トッププロとして女性のコーチを雇った初めての選手となった。2014年の6月にモレスモをコーチとして招いたマレーだったが、5月9日にその関係に終止符を打ったことを明らかにした。

モレスモの指導の元、マレーは苦手としていたクレーコートで初めての優勝を昨年に飾った。ドイツのミュンヘンで初優勝を飾ると、その後のムチュア・マドリッド・オープンはクレーコートでのマスターズ初のタイトルを獲得した。

しかし、これまで2度のグランドスラム優勝を飾っていたマレーだったが、3度目の優勝には至らなかった。

「私達は、プロとして共に出来ることの終わりを迎えた印象を抱いた。アンディ(マレー)はとても複雑な選手。コートでは普段の彼と全く逆の人間になる。それは自分を混乱させるものにもなった。彼をより成長させるためにそばにいたが、もうこれ以上出来ることはないと感じてしまった。」とモレスモは、フランス・メディアのインタビューに答えていた。

モレスモは昨年の8月に第一子を出産し、約6カ月コーチ業から離れていた。

「今年の全豪オープン以降は、彼と一緒にいる時間を減らした。あまり一緒にはいなかった。助けることが出来なかった時間は、彼にとって難しい時間となってしまった。」と語るモレスモは、自身も2度のグランドスラム優勝を飾っている。

モレスモはマレーとの関係終了について、それ以上のことは語らなかった。

「あまり詳しくは語りたくはない。ある程度のことは誰でも分かるはず。」とモレスモはマイアミでのマスターズ大会の時にコートサイドにいなかった時に関して触れていた。

「もうあそこにはいたくないと思っていた。何か他のことをしたいと思うようになってしまった。」と正直な想いを語ったモレスモ

一方で、練習に対する熱心な態度や、チャンピオンとしてのマレーを称賛していた。

「アンディの練習への姿勢はとても好きだった。彼のチームと共にアンディの手助けをするのも好きだった。アンディは、人の意見を聞いたり分析する能力に長けている選手。彼はいつも興味を持ち、何かを学ぼうとしていた。だから彼は偉大なチャンピオンになれたのだと感じている。」

(STATS - AP)

《Road To Spain 2016 チャレンジカップの詳細・申込はコチラ》






■関連ニュース■ 

・マレー 試合中に前髪切る
・マレー、ナダルのV50阻止
・猛暑マレー 55本のミスで敗退
(2016年5月22日16時04分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!