- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー初手術 ツアー欠場

グランドスラム最多17度の優勝を誇るR・フェデラー(スイス)が膝の手術を受けたために、今月出場を予定していたオランダのロッテルダム大会と、アラブ首長国連邦のドバイ大会の2大会を欠場することを明らかにした。

「ロジャー・フェデラーは今日、母国スイスで膝の関節鏡視下手術を無事終えた。その手術は損傷した膝関節半月板を修復するものだった。」と、自身の公式ホームページに出された声明で語られた。

34歳のフェデラーにとって、このような手術での欠場はあまり見られないこと。これまでのフェデラーは、2008年と2013年に腰の怪我を経験したが手術にまでは至っていなかった。

その声明では、どちらの足の膝かは明らかにされていないが、その怪我は29日に起きてしまったとのこと。それは全豪オープンの準決勝でN・ジョコビッチ(セルビア)に敗退した翌日だった。

「主治医はその手術が上手くいったと保証してくれた。そして正しいリハビリも行ってくれる。すぐにまたツアーへ戻れるはずだ。」と、フェデラー自身の言葉も声明に添えられていた。

今月欠場する大会の次には、3月7日から始まるマスターズ1000のインディアンウェルズに出場する予定となっている。

「ロッテルダムとドバイのファンの方々には申し訳なく思っている。その大会には本当に出場したかった。」と、フェデラーは自身の公式フェイスブックで綴っていた。

ロッテルダムの大会主催者で、元ウィンブルドン覇者であるR・クライチェック(オランダ)は「昨日の午後にこのニュースを聞いたときは、我々にとって大きなショックだった。なぜなら多くのファンが彼(フェデラー)の出場を心待ちにしていたから。我々はロジャーがまた来年帰ってきてくれることを願っている。」と、2日にニュースを聞いた時の気持ちを語っていた。

(STATS - AP)




■関連ニュース■ 

・フェデラー1位 錦織は17位に
・フェデラー 落胆の色隠せず
・断トツ1位 錦織vsフェデラー
(2016年2月3日21時18分)

その他のニュース

11月14日

「ほぼ負け」からナダル勝利 (12時16分)

「本当に悪かった」とズベレフ (11時31分)

チチパス圧勝、決勝Tへ進出 (10時48分)

ナダル 崖っぷちから大逆転勝利 (7時16分)

11月13日

【1ポイント速報】チチパスvsズべレフ (23時03分)

安藤証券OP 日比野ら2回戦へ (20時05分)

全豪JrWC 松田絵理香が決勝へ (18時26分)

フェデラー「満足」ジョコ戦へ (16時26分)

ジョコ撃破で初の決勝T進出 (11時27分)

元世界4位が現役引退を発表 (10時57分)

ジョコ「脱帽、祝福したい」 (9時21分)

ジョコビッチ 死闘の末に惜敗 (8時23分)

フェデラー 快勝で1勝1敗 (1時09分)

11月12日

【1ポイント速報】ジョコビッチvsティーム (23時02分)

全豪ジュニアWC 12日の結果 (20時51分)

ナダル初撃破「最終戦は特別」 (13時32分)

チチパス「最も重要な勝利」 (12時04分)

ナダル「がっかり」 初戦黒星 (11時05分)

ナダル 完敗で黒星スタート (9時13分)

11月11日

【1ポイント速報】ナダルvsズべレフ (22時20分)

日比野菜緒への質問を募集 (21時12分)

望月慎太郎 フェデラーと練習 (19時05分)

YONEX 第3回キャンプ開催 (18時15分)

錦織13位 日本勢世界ランク (11時37分)

ジョコ「時にはイライラする」 (11時01分)

フェデラー撃破「全てが調和」 (10時04分)

フェデラー黒星「出遅れた」 (8時20分)

フェデラーは黒星スタート (7時23分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!