- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー初手術 ツアー欠場

グランドスラム最多17度の優勝を誇るR・フェデラー(スイス)が膝の手術を受けたために、今月出場を予定していたオランダのロッテルダム大会と、アラブ首長国連邦のドバイ大会の2大会を欠場することを明らかにした。

「ロジャー・フェデラーは今日、母国スイスで膝の関節鏡視下手術を無事終えた。その手術は損傷した膝関節半月板を修復するものだった。」と、自身の公式ホームページに出された声明で語られた。

34歳のフェデラーにとって、このような手術での欠場はあまり見られないこと。これまでのフェデラーは、2008年と2013年に腰の怪我を経験したが手術にまでは至っていなかった。

その声明では、どちらの足の膝かは明らかにされていないが、その怪我は29日に起きてしまったとのこと。それは全豪オープンの準決勝でN・ジョコビッチ(セルビア)に敗退した翌日だった。

「主治医はその手術が上手くいったと保証してくれた。そして正しいリハビリも行ってくれる。すぐにまたツアーへ戻れるはずだ。」と、フェデラー自身の言葉も声明に添えられていた。

今月欠場する大会の次には、3月7日から始まるマスターズ1000のインディアンウェルズに出場する予定となっている。

「ロッテルダムとドバイのファンの方々には申し訳なく思っている。その大会には本当に出場したかった。」と、フェデラーは自身の公式フェイスブックで綴っていた。

ロッテルダムの大会主催者で、元ウィンブルドン覇者であるR・クライチェック(オランダ)は「昨日の午後にこのニュースを聞いたときは、我々にとって大きなショックだった。なぜなら多くのファンが彼(フェデラー)の出場を心待ちにしていたから。我々はロジャーがまた来年帰ってきてくれることを願っている。」と、2日にニュースを聞いた時の気持ちを語っていた。

(STATS - AP)




■関連ニュース■ 

・フェデラー1位 錦織は17位に
・フェデラー 落胆の色隠せず
・断トツ1位 錦織vsフェデラー
(2016年2月3日21時18分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!