- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ロディック 八百長は明るみに

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/ メルボルン、ハード)は、大会初日から八百長にトップ選手が関与していた疑いがあるとの話題で持ちきりだが、R・フェデラー(スイス)が求めたように、世界中の選手・コメンテーター・ファンも疑わしい選手の名前を知りたいとの想いが膨らんでいる。

そんな中、引退した元選手は今回のことがテニスという世界の大きな警鐘になるとしていた。

多くの人が明確さを求めており、八百長疑惑があるのはどの選手なのかを知る権利があるとメディアも選手も主張している。その他、テニスというスポーツに汚名を着たす可能性があると語る。

それは、ドーピングや汚職事件などのスキャンダルがプロサイクリングや陸上競技、バスケットボール、サッカーなどの競技に汚名を着したのと同じように。

18度のグランドスラム優勝を誇る元世界ランク1位のM・ナブラチロワ(アメリカ)は自身の公式ツイッターで「疑いではなく真相を知りたい。」と綴っていた。

今年の全豪オープンが開幕した18日に、BBCとバズフィード・ニュースが、プロテニス統括組織はこの10年間にトップ50のうち16名の八百長に関与した証拠があることを見過ごしてきたというレポートを公にした。

バズフィード・ニュースはそのニュースを「テニス・ラケット」と題して報じ、それにはグランドスラム優勝者を含む16名の半分が今年の全豪オープンに出場していると伝えていた。

「このことは現在のテニスというスポーツに大きな影を投げ掛けている。」と語るのは、20日にESPNで行われた公開討論会に参加し、グランドスラムで3度の準優勝と女子ダブルスで2度の優勝とオリンピックで2個の金メダルを獲得したM・J・フェルナンデス。

続けて「世界が注目しているからには、なんらかのアクションをとられなければならない。それが誰なのかを明らかにする必要もある。」と加えていた。

フェデラーは更なる情報を知りたがった最初の選手だった。「名前を知りたい。」と試合後の記者会見で語った。

グランドスラム優勝者もいるとの情報を受けたフェデラーは「それは選手なのか。それともサポートチームなのか。一体誰で、それは昔のことなのか。ダブルス選手なのかシングルス選手なのか。どのグランドスラムなのか。あちこちで話題になっている。全くの憶測だけで答えるなんてナンセンス。」と自身の見解を述べていた。

フェデラーのコメントは、知らないことが危険な憶測を招くのではと語る人々に共感を呼んでいる。

「これは魔女狩りになってしまう。」と語るのは、メルボルンへコメンテーターとして訪れているP・マッケンロー(アメリカ)。マッケンローは全仏オープンのダブルス チャンピオンでアメリカ男子デビスカップ監督である。

「テニス界では、低いレベルの大会などで起きていたと認識をしていた。それは野球のマイナーリーグのようなところで。しかし、今回はそうではない。火の気のないところに煙は立たない。今回のことは、テニス界にとって本当に大きな警鐘となるだろう。」

BBCとバズフィード・ニュースのレポートは、18日に大会会場でプロテニス統括組織によって緊急会議を開くきっかけとなった。

そこでは、八百長の証拠を隠していたのではという疑いを否定していた。

関係者はスポーツの腐敗防止を管轄するテニス腐敗防止委員会で、18件の事案について5人の選手と1人の関係者が永久追放の処分が下されたということを示していた。

その委員会はテニスに八百長の疑いが急増したため、2008年に設立された。

捜査官が問題としているのは、八百長はそれを立証するのが非常に難しいということ。

多くのファンがショックを受けているのは、トップ選手でさえ、そんな行為へのアプローチをかけられたり、試合へ巨額な金額を提示されている事実。

N・ジョコビッチ(セルビア)も故意に試合に負けるようにとお金を提示されたことがあったのを認めていた。ジョコビッチには直接はアプローチされなかったが、2007年のロシア大会で、チームの一員がお金を提示された。もちろん、その場で断ったことを明かしていた。

ESPNで解説の合間にC・エバート(アメリカ)は、このスキャンダルを彼女自身にも影響を与えていると語っていた。

「この数日間、とても悲しい思いをしている。テニス選手としてこのテニスというスポーツが常に健全であることに誇りを持っていた。真実が明るみに出て欲しい。」と18度のグランドスラム優勝を誇るエバートは悲しみを明らかにしていた。

2003年の全米オープン覇者である元世界ランク1位のA・ロディック(アメリカ)は、きっと明るみに出ると思っており、他の引退した選手とのやり取りを語っている。

「他の元選手からのメールには 16名のうち、何人の名前をあげられるか。自分は少なくとも8・9人はあげられる と書かれていた。」

そして自身の公式ツイッターでは「リークすることやソーシャルメディアの時代で、秘密など存在しないと思う。」と綴っていた。

(STATS - AP)






■関連ニュース■ 

・フェデラー 八百長に憤り
・ジョコ 八百長の誘いあった
・錦織ブロックのシード敗退
(2016年1月21日7時20分)

その他のニュース

5月20日

【告知】全仏オープン予選1回戦 (13時47分)

伊ペアが母国でV「夢のよう」 (12時55分)

22勝目ズベレフ 世界4位へ浮上 (11時28分)

大坂なおみ 世界ランク134位に浮上 (10時35分)

初Vならず「もっといいプレーを」 (8時58分)

ズベレフ「いいプレーできれば、誰にでも勝てる」 (7時32分)

ダニエル太郎、初戦は世界54位に (6時26分)

ズベレフ完勝Vでマスターズ6勝目 (5時36分)

5月19日

ティーム&シュワルツマン 全仏OP予選へ (22時48分)

日本勢7名出場!全仏OP予選組合せ決定 (21時45分)

ダニエル太郎 予選勝ち抜き本戦へ (19時54分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 予選決勝 (19時10分)

17歳の西村佳世が大東建託OP優勝 (18時07分)

2度目Vかマスターズ初制覇か (16時31分)

失セット0で決勝へ 6度目V王手 (15時28分)

初級~女子ダブルス大会開催、焼き芋貰える! (13時59分)

試合が多くできる!混合ダブルス大会  (13時48分)

全仏OP3連覇へ レジェンドお墨付き (11時48分)

綿貫陽介が全仏OP欠場 (10時10分)

まさかのミスに審判も爆笑 (8時42分)

2大会連続準V「何度負けても…」 (7時15分)

頂上決戦制しV 史上3人目の快挙も達成 (6時00分)

5月18日

世界2位シナー 全仏OPへ練習再開 (22時49分)

阿部宏美/永田杏里ペアが優勝 (22時05分)

ナダル&フェデラーを広告に起用 (20時04分)

ダニエル太郎 完勝で予選決勝へ (19時11分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 リヨン予選1回戦 (17時30分)

松井/上杉ペア 2大会連続の準優勝 (17時10分)

ジョコvsマレー 実現の可能性 (16時32分)

ベッカーに並ぶ歴代7番目の記録 (15時32分)

チチパス兄弟、全仏ダブルスに出場 (15時02分)

ティーム&シュワルツマン 全仏会場で練習 (12時06分)

ジョコ 全仏OP前週の大会参戦 (11時05分)

西岡 リヨン初戦はモンフィスに (9時20分)

“ダークホース”ジャリーが決勝へ (8時02分)

逆転勝ちズベレフが決勝へ (6時57分)

錦織圭 全仏OP前週の大会を欠場 (6時05分)

【動画】強い!女王シフィオンテク 3度目の優勝に大はしゃぎ! (0時00分)

5月17日

ナブラチロワとエバートの記録に並ぶ (22時58分)

17歳の西村佳世が4強入り (21時00分)

松井/上杉ペア 2大会連続決勝へ (18時09分)

シュワルツマン不満、活躍に見合わず (16時57分)

収入ランク、テニス選手はトップ50入らず (15時54分)

西岡良仁ら 能登半島地震の支援に参加 (15時25分)

26歳の躍進 カギは「ウナギ」にあり (14時58分)

ワウリンカとマレーは2回戦で敗退 (14時01分)

「WTA1000」 2大会連続同カードの決勝に (12時01分)

ローマ4強 ズベレフがV候補筆頭に (11時12分)

マレー、ラケット変更理由明かす (10時08分)

ガウフに快勝、女王が今季4勝目に王手 (8時40分)

マスターズ1000で2名のチリ人が4強の快挙 (7時32分)

ダニエル太郎 元世界9位に屈し8強逃す (3時14分)

西岡良仁 1回戦で途中棄権 (2時55分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsナカシマ (1時08分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsバウティスタ=アグ (0時40分)

トップ10に連勝!激闘制し4強入り (0時09分)

【動画】まさかのミスに審判も味方も爆笑 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!