- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

内山靖崇 リベンジ果たし8強

男子テニスの下部大会であるバンコクオープン2016(タイ/バンコク、ハード)は7日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク251位の内山靖崇(日本)は同208位のS・ロバート(フランス)を6-2, 7-6 (8-6)のストレートで下し、ベスト8進出を果たした。

両者は昨年の兵庫ノアチャレンジャー2回戦で1度だけ対戦しており、その時はロバートが逆転で勝利した。

この試合の第1セット、内山はファーストサービスを81パーセントの確率で入れてロバートに1度もブレークチャンスを与えず、2度のブレークに成功しこのセットを先取。第2セットでは、両者1度のブレークからタイブレークに突入し接戦となるが、最後はロバートのフォアハンドがネットにかかり勝利を手にした。

準々決勝では、世界ランク282位のM・キウディネッリ(スイス)と同246位のR・マルコーラ(イタリア)の勝者と対戦する。

現在23歳の内山は昨年8月のレキシントン・チャレンジャーでキャリア初の準優勝。9月の国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ入れ替え戦(プレーオフ)日本対コロンビア戦では西岡良仁(日本)とペアでダブルスに出場した。

さらに、全日本テニス選手権では添田豪(日本)をストレートで下して初優勝を飾っている。

今大会には内山の他に、第1シードの伊藤竜馬(日本)、第2シードの杉田祐一(日本)、第5シードの添田が出場しており、伊藤は初戦敗退、添田と杉田は8強入りしている。






■関連ニュース■ 

・兵庫ノア 全日本V内山が敗退
・全日本 V内山「信じられない」
・LL内山靖崇がキャリア初準V
(2016年1月7日16時07分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!