- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

セリーナ 女性32年ぶり受賞

アメリカのスポーツ週刊誌「スポーツ・イラストレイテッド」が選ぶ、スポーツパーソン・オブ・ザ・イヤーに、女子テニスで世界ランク1位のS・ウィリアムズ(アメリカ)が選出された。女性アスリートが単独でこの賞を受賞したのは32年ぶり。

今季セリーナは、1988年以来となる年間グランドスラム達成まであと2勝と迫っていたが、その夢は全米オープンの準決勝で絶たれた。

しかし全体を見ると34歳のセリーナは、今季は53勝3敗の成績を収め、5大会でタイトルを獲得。グランドスラムでは全豪オープン・全仏オープン・ウィンブルドンで優勝を飾り、シーズンを通して世界ランク1位の座に君臨し続けていた。

「彼女(セリーナ)は、最もこの賞に値する選手。素晴らしい1年を送った。こんなに高いレベルを何年も維持し続けたという事実に加え、その優勝も素晴らしい。」と同紙の編集者の1人であるP・フィッテンバウムはセリーナへの想いを語っていた。

同紙の表紙を飾ったセリーナは、ハイヒールを履き王位の椅子に腰掛けていた。その姿は「彼女(セリーナ)のアイデアで、彼女自身の女性らしさ・強さ、そしてパワーを表現しようとしている。」と編集長のC・ストーンが同紙の公式サイトで記していた。

13日に発表されたこの賞は、それまでの同紙の賞の名所を変更するきっかけにもなった。それまでの受賞者はスポーツマン、あるいはスポーツウーマン・オブ・ザ・イヤーだった。

「これはニュートラルな進化だと感じた。特別大きなことをしようとしたわけではない。ただ単に、変化を起こすのにちょうど良いタイミングだったと感じただけ。」とフィッテンバウムは語った。

1983年に受賞した中距離走者のM・デッカーが女性アスリートとして単独で最後にこの賞を受賞した選手だった。

1999年には女子サッカーのアメリカ・ナショナル・チームが選ばれていた。1994年のスピードスケーターのB・ブレアー、1984年の器械体操選手のM・L・レットンは男子オリンピック選手と同時受賞。2011年にはテネシー州女子バスケットボールのコーチだったP・サミットがデューク大学の男子バスケットボールのコーチだったM・シャシェフスキーと同時に受賞した。

「最近まで男子スポーツが世界を支配していた。そんな中、女性スポーツ界の人口も増え、競技もかつてと比べるとかなり良いものになっている。今ではより一層女子スポーツに注目が集まっており、目覚ましく発展もした。特別な要因が何であるのかは、私にも分からない。」とフィッテンバウムは語っていた。

また、これまでにこの賞を受賞したテニス選手は、1972年のB・J・キング、1976年のC・エバート(アメリカ)、1992年のA・アッシュの3人だけだった。

(STATS - AP)






■関連ニュース■ 

・IPTL 奈良がセリーナ破る金星
・セリーナ敗退でチケット暴落
・セリーナ まさかの準決勝敗退
(2015年12月15日17時48分)

その他のニュース

10月26日

【告知】錦織vsティーム (22時54分)

YouTube 田島のラケバ公開 (16時46分)

ティーム全米Vで「楽になった」 (16時28分)

大坂3位 26日付の世界ランク (15時51分)

トップ10から6名出場に「タフ」 (14時15分)

錦織37位へ後退 26日付世界ランク (12時18分)

22歳サバレンカ単複2冠「興奮」 (11時11分)

マクラクラン組V「楽しかった」 (10時23分)

今季2勝目で「超ハッピー」 (9時07分)

ズベレフ 地元で2週連続V達成 (8時25分)

10月25日

望月慎太郎 逆転で決勝ならず (15時46分)

単複ストレート勝ちで決勝へ (15時05分)

激闘制しキャリア4勝目に王手 (14時13分)

4度のMPしのぎ死闘制す (12時39分)

ナダル、ゴルフ大会で10位タイ (11時49分)

プイユ 新型コロナに感染 (11時17分)

2時間半超えの激闘制し決勝へ (11時16分)

10月24日

錦織 初戦は世界3位ティーム (19時33分)

ピンチ切り抜け大逆転勝ち (16時28分)

誤審に激怒 主審の謝罪を報告 (15時56分)

好調アザレンカ が4強入り (15時51分)

西岡良仁撃破「適応できた」 (14時11分)

望月慎太郎 激闘制し4強へ (14時07分)

マクラクラン組 優勝へ王手 (11時58分)

誤審に両選手激怒で大荒れに (9時18分)

西岡良仁 4強入りならず (8時39分)

10月23日

波乱 第1・2シードが初戦敗退 (16時50分)

望月慎太郎、野口莉央破り8強へ (15時54分)

528位ベルグス 敗退も「自信」 (15時05分)

35歳シモン8強「大変だった」 (13時47分)

土居美咲 3時間超え死闘制し8強 (12時26分)

サバレンカ、ガウフ下し8強 (11時45分)

トップ10入り後初戦は快勝 (10時05分)

コロナ感染後の復帰戦は黒星 (8時55分)

西岡良仁 逆転勝ちで8強へ (5時55分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!