- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

明大の諱、綿貫下し本戦入り

男子テニスの下部大会であるダンロップ・スリクソン・ワールドチャレンジ(愛知県/豊田市、ハード)は22日、予選決勝が行われ、明治大学の諱五貴が17歳の綿貫陽介を6-3, 3-6, 6-3のフルセットで下し、本戦入りを果たした。

この試合、諱は綿貫に1度ブレークを許すも、ファーストサービスが入った時に69パーセントの確率でポイントを獲得し、2度のブレークに成功して1時間32分で勝利を決めた。

本戦1回戦ではA・カパス(ポーランド)と対戦する。

明治大学の諱は今年のインカレで準優勝を飾っており、全日本選手権では3回戦で綿貫裕介に敗れてベスト8進出を逃した。

一方、敗れた綿貫陽介は先日の全日本テニス選手権のダブルスに兄の裕介とペアを組んで出場し、決勝で佐野紘一/ 小ノ澤新組をストレートで下して見事優勝を飾った。

また、今年8月の全日本ジュニアテニス選手権18歳以下のシングルス・ダブルスでは準優勝。9月のスーパージュニアテニス選手権大会はベスト8進出を果たしていた。

今大会の本戦第1シードはM・エブデン(オーストラリア)、第2シードは伊藤竜馬、第3シードはJ・ダックワース(オーストラリア)、第4シードは添田豪、第5シードは杉田祐一、第6シードはK・クラフチュク(ロシア)、第7シードは西岡良仁、第8シードはJ・トンプソン(オーストラリア)となっている。






■関連ニュース■ 

・インカレ 男子決勝は今井vs諱
・全日本 快進撃の綿貫兄弟がV
・今井 慎太郎 またも本戦逃す
(2015年11月22日20時36分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!