- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】内山靖崇 全日本初制覇

国内テニスツアーの橋本総業全日本テニス選手権(東京/有明コロシアム、ハード、賞金総額2,846万円)は8日、男子シングルス決勝が行われ、第2シードの内山靖崇(日本)が第1シードの添田豪(日本)を7-6 (8-6), 6-4のストレートで下し、大会初優勝を飾った。

>>全日本テニス選手権 対戦表<<

多くの観客が詰め掛ける中行われた決勝戦、第1セットの第10ゲームで内山は3本のセットポイントを握るも、果敢に攻めてくる添田にネットプレーなどを決められゲームカウント5−5に。

その後はタイブレークへ突入し、内山は3−6と添田にセットポイントを与える。ここから内山がダブルフォルトを犯す添田の隙をつき、5ポイント連取に成功して第1セットを先取。

第2セットでは序盤でリードするも、第8ゲームで添田にブレークバックを許す。しかし、第9ゲームで内山がまたも添田のサービスゲームをブレーク、続く第10ゲームでサービスキープして優勝を決めた。

23歳の内山は、今年8月に行われた下部大会のレキシントン・チャレンジャーで、チャレンジャー大会初の決勝進出。また、9月の国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ入れ替え戦(プレーオフ)日本対コロンビア戦では西岡良仁(日本)とのダブルスに出場した。

一方、敗れた添田は惜しくも6年ぶり3度目の全日本制覇とはならなかった。2008・2009年の全日本テニス選手権も制している添田。2005年には決勝で岩渕聡(日本)に接戦の敗れ準優勝に終わった。

女子では前日の決勝で第1シードの桑田寛子(日本)が第4シードの瀬間詠里花(日本)をストレートで破り、初優勝を飾った。








■関連ニュース■ 

・全日本 V桑田寛子「目標達成」
・全日本 棄権で内山が初決勝へ
・全日本 添田豪が決勝進出
(2015年11月8日12時52分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!