- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー 引退について語る

今週開催されている男子テニスツアーのBNPパリバ・マスターズ(フランス/パリ、ハード)に第3シードでエントリーしているR・フェデラー(スイス)は、先週祖国で行われてたスイス・インドアでの地元優勝後に、更なる現役生活への想いを語った。

同年代のほとんどが現役生活にピリオドを打っているが、1日に行われた決勝戦でフェデラーは長年のライバルであるR・ナダル(スペイン)を下して優勝を飾り、その健在ぶりを示した。そして4人の子供の父親であるフェデラーは、36歳になる2017年のシーズンの終わりへ既に目を向けていた。

「2016年は12月まで明確なスケジュールを既に組んでいる。ちょうど今、妻とその話をしているところなんだ。来年のクリスマスを自宅で迎えるかどうかをね。そうなると2017年も自分にとっては、すぐそこに来ているのさ。」

「かなり先まで考えなければならないんだ。」とフェデラーは、地元大会で7度目の優勝を飾った後のインタビューで語っていた。

その優勝で今週発表された最新の世界ランクでは再び2位へ浮上した。現在34歳ながら、未だ世界のトップレベルのプレーを見せ、肉体的にもフィットしているフェデラーにとって、2年先を考えるのは自然なことだった。

今季ここまで6大会で優勝し、グランドスラムでも2度の準優勝を飾ったフェデラーは、58勝9敗の成績を誇る。フェデラーが決勝戦で敗退したのは、今季絶好調を続けているN・ジョコビッチ(セルビア)だけ。それは、グランドスラム最多優勝回数の記録更新を阻まれたウィンブルドンと全米オープンの決勝戦でもジョコビッチに敗退していた。

BNPパリバ・マスターズの後は、イギリスはロンドンで行われるATPワールドツアー・ファイナルズに14年連続で出場する。

今ではツアーのスケジューリングに精通しているフェデラーは、9月にもオフを設け家族との時間を費やしていた。それは他の選手達や自身も若かりし頃経験したように、11月には疲れ果ててしまっている状況を回避し、シャープな体を終盤でも維持する方法になっている。

「オフの時間を設け、子供達や妻との時間を持つことが目標にもなっている。」と語るフェデラーは妻のミルカさんと、6歳になる双子の娘と1歳半になる双子の息子との時間を大切にしている。

最近フェデラーのプレーで話題になっていたのは、相手のセカンドサービスをサービスライン近くでハーフボレーのようにブロックリターンをし、そのままネットへつめるという斬新なものを編み出していた。

「やっていて楽しいもの。スライスのショットを打って、何度興奮する想いをしたことか。時には人と違うプレーをする必要もある。気持ちを若く持ち、そして『やってみれば良いさ。誰も気にしないよ』って言いたいんだ。」とフェデラーは、そのプレーへの想いを語っていた。

プレーの中で楽しみを見付け出しているフェデラーは、だからこそ12月に行われるチーム対抗戦のエキシビションであるインターナショナル・プレミア・テニス・リーグに参戦するのだと語る。そのリーグは、インド、シンガポール、そして自身も家を構えているドバイなどで開催される。

今のフェデラーは、引退を真剣に考えることが出来ないほど、あまりにも自身のテニスを楽しみすぎている。

「何をするかまだ決めていない限り、スケジュールを上手く立てようとし続けてしまう。まだまだ何年も先までプレーを続けるかのようにね。」

引退ツアーを避けたいために、いつテニスをやめるかなど、長いスパンでの計画は公表しないと、かつて語っていたフェデラー。

「その日は徐々に訪れて欲しいし、その時が来たら自分自身で感じたいと願っている。でも、あまりそのことは考えたくはない。もし怪我などをしてしまったら、必然とゆっくり近付いて来るけど、気持ち的にはある日突然プツンと切れてしまうかもしれない。誰にも分からないさ。それにテニスより一層大切なことが家族に訪れたりしたら、考えるかもしれない。」と引退への正直な想いを述べていた。

来年のクリスマスの計画についての話し合いのように、家族で引退についても話し合うだろうとフェデラーは語る。

「もう決めたと家族に言うより、その前に家族と話し合いを持ちたい。きっとそうなったら、『引退は良い考えだと思うか?』って相談するだろう。もちろん、そう尋ねる時にはみんなが賛成してくれると思うけどね。でも、その話し合いをするにはまだ早い。」とフェデラーは、あくまで引退はまだまだ先であることを示唆していた。

(STATS - AP)


■関連ニュース■ 

・フェデラー1位 錦織は17位に
・Vフェデラー「最高の勝利」
・フェデラー事件 大会に怒り
(2015年11月3日16時03分)
その他のニュース

7月20日

BIG3がトップでいる理由 (18時03分)

20歳新星に敗退で4強逃す (16時29分)

「今大会でベストな試合」 (14時26分)

元女王 コーチ関係解消を発表 (13時35分)

祖父の記録目指し4強入り (12時21分)

ジェレ 辛勝で初の4強入り (11時37分)

ガスケ 激闘の末に4強ならず (10時48分)

イズナー 逆転で5度目の4強 (10時08分)

7月19日

全米賞金GS史上最高額に (15時19分)

第1シードは2回戦で敗退 (12時31分)

世界121位に苦戦もガスケ8強 (11時15分)

ニューポートは雨で順延 (11時00分)

地元チョリッチは初戦敗退 (7時08分)

7月18日

ジョコ 初Vハレプを称賛 (21時56分)

元世界4位ガルシア 8強逃す (21時40分)

「毎試合良くなっている」 (20時52分)

フォニーニ 体調不良で途中棄権 (19時57分)

HEAD GRAVITY販売 (17時30分)

大坂ら 全米OP出場予定選手 (17時01分)

好調の21歳アンベール 8強へ (15時59分)

内山 綿貫破りCH初戦突破 (15時09分)

松井俊英が現役最年長ランクイン (12時39分)

ティームら ハンブルグ出場一覧 (11時06分)

同国対決制し8強 ベルダスコ撃破 (9時11分)

イズナー 25本エースで初戦突破 (7時36分)

7月17日

ゲルゲス 手首負傷で途中棄権 (21時29分)

3時間の死闘の末に逆転勝ち (20時19分)

大坂なおみ「自分が幸運」 (18時58分)

守屋、綿貫がCH初戦突破 (17時09分)

ダニエル太郎 初の2回戦ならず (15時44分)

「とても興奮」シード撃破で16強 (13時13分)

大坂 最終戦ランク6位に後退 (11時12分)

イズナー「長い間動けなかった」 (9時25分)

23歳ジャリー 初戦突破で16強 (7時53分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!