- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

西岡良仁 単敗れるも複で4強

男子テニスツアーの下部大会である寧波・チャレンジャー(中国/寧波、ハード)は21日、ダブルス準々決勝が行われ、西岡良仁(日本)/ U・イグナティク(ベラルーシ)組がM・ペコティック(クロアチア)/ フォルスター(南アフリカ)組に7-5, 0-6, 10-8のフルセットの末に勝利してベスト4進出を果たした。

この試合の第1セット、どちらもサービスキープの接戦が続く中、西岡/ イグナティク組が1度のチャンスをものにしてこのセットを先取。しかし、第2セットでは1度もブレーク出来ずに1セットオールとなる。その後も一歩も譲らない展開となるも、西岡/ イグナティク組が10−8で競り勝ち、勝利を手にした。

準決勝では、第3シードのSo・ラティワタナ(タイ)/ Sa・ラティワタナ(タイ)組とD・セラ(イスラエル)/ A・ワイントラウブ(イスラエル)組の勝者と対戦する。

西岡/ イグナティク組は今大会、1回戦で第1シードのM・ゴン(中国)/ D・モルチャノフ(ウクライナ)組を下しての勝ち上がり。西岡は、下部大会であるチャレンジャーで2013年に1度だけダブルスで優勝している。

また、西岡は今大会のシングルスにも出場していたが1回戦で敗れて姿を消した。また、西岡の他にも添田豪(日本)仁木拓人(日本)守屋宏紀(日本)が出場していたが、添田と仁木が1回戦、守屋が2回戦で敗れている。


■関連ニュース■ 

・日本勢、相次ぐ早期敗退
・西岡良仁 GS初勝利
・守屋ストレート負け 日本全滅
(2015年10月22日15時28分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!