- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

10代若手 西岡ら2選手が2回戦

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は1日、男子シングルス1回戦が行われ、第2シードのR・フェデラー(スイス)、第3シードのA・マレー(英国)、第5シードのS・ワウリンカ(スイス)らが順当に2回戦進出を決める中、ボトムハーフに位置する10代の若手選手の中で予選勝ち上がりで19歳の西岡良仁(日本)と同じく19歳のH・チャン(韓国)の2選手が勝ち上がった。

>>全米オープン対戦表<<

19歳の西岡はこの日、元世界ランク12位のP・H・マチュー(フランス)と対戦し、6-4, 2-6, 6-7 (7-9), 6-1, 6-2の3時間22分にも及ぶ死闘を制し、四大大会初勝利をあげて2回戦進出を決めた。

3回戦では第30シードのT・ベルッチ(ブラジル)と対戦する。

一方、J・ダックワース(オーストラリア)を6-3, 6-1, 6-2のストレートで下して2回戦進出を決めた19歳のチャンは、現在自己最高位タイとなる69位。今年の4月末に初めてTOP100位入りし、イ・ヒュンタク(韓国)以来2人目の世界ランク100位入りした韓国人選手となった。

2回戦では第5シードのワウリンカと対戦する。

また、ボトムハーフに位置するその他10代の若手選手は、A・ズベレフ(ドイツ)T・コキナキス(オーストラリア)A・ルブレフ(ロシア)F・ティアフォー(アメリカ)J・ドナルドソン(アメリカ)らが出場していたが、同日行われた1回戦で姿を消すこととなった。

18歳のズベレフは、第29シードのP・コールシュライバー(ドイツ)と対戦し、7-6 (7-0), 2-6, 0-6, 6-2, 4-6のフルセットの末に敗れた。

昨年7月に行われたベット・アット・ホーム・オープンでツアー初のベスト4進出を果たし、一躍注目を集めたズベレフ。今年はスキースター・スウェーデン・オープンでツアー2度目の4強入りを果たした。

さらにウィンブルドン前に行われたエキシビションのザ・ブードルス・テニス・イベントでは、N・ジョコビッチ(セルビア)をストレートで下している。

19歳のコキナキスは第12シードのR・ガスケ(フランス)と対戦。6-4, 1-6, 6-4, 3-6, 0-2の時点で足の痙攣により途中棄権を申し入れ、悔しさからラケットをコートに叩きつけた。

現在17歳のルブレフは、第15シードのK・アンダーソン(南アフリカ)と対戦して6-7 (1-7), 7-6 (7-5), 5-7, 3-6で敗れ、四大大会初の2回戦進出とはならなかったものの、キレのあるショットでアンダーソンを苦しめた。

ルブレフは今年のバルセロナ・オープンで、元世界ランク7位のF・ベルダスコ(スペイン)を破る金星をあげて一躍注目を集めた今後注目の若手。しかし、今回はアンダーソンに善戦を繰り広げるも初戦敗退となった。

アディダス

アディダス


■関連ニュース■ 

・ラケット叩きつけ途中棄権
・修造絶賛「厚切りフォア良仁」
・驚異の17歳ルブレフとは
(2015年9月2日17時30分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!