- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

西岡 4強かけ日本人対決

男子テニスで下部大会であるレキシントン・チャレンジャー(アメリカ/ケンタッキー、ハード)は29日、シングルス2回戦が行われ、第5シードの西岡良仁(日本)L・サビル(オーストラリア)を6-2, 7-6 (10-8)のストレートで下してベスト8進出。さらに今大会にラッキールーザーとして出場を果たした内山靖崇(日本)も、Z・ザン(中国)を下して8強入りを決め、西岡と内山は準々決勝で激突することとなった。

この試合、第1セットで西岡はファーストサービスのポイント獲得率が30パーセントと低かったサビルに対し、4度のブレークチャンスから3度のブレークに成功して第1セットを先取。

続く第2セットでは、両者1ブレークずつ成功してタイブレークへ。タイブレークの10−8の末に西岡が制し、1時間47分で勝利を手にした。

一方、内山は試合を通して11度ものダブルフォルトを犯したザンの隙をつき、4度のブレークに成功して6-4, 6-2のストレートで勝利を決めた。

西岡と内山は、昨年6月に行われた下部大会の札幌国際オープンテニス決勝で対戦しており、その時は西岡がストレートで下して優勝を飾った。

現在自己最高となる137位の西岡は、先日行われたナショナル・バンク・グランビー・チャレンジャーで今季3度目の4強入りを果たしたが、敗れて今季初の決勝進出とはならなかった。

テニスサングラス


■関連ニュース■ 

・西岡良仁 トップの力を痛感
・西岡、錦織「超強かった」
・西岡 またも4強の壁破れず
(2015年7月30日15時00分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!