- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラーvsジョコの運命は

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は12日、男子シングルスの決勝で2連覇と大会3度目の優勝を狙う第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と歴代最多8度目の優勝を目指す第2シードのR・フェデラー(スイス)が激突する。

『選手使用のオフィシャルタオル』

今回で通算40度目の対戦となる両者。昨年のウィンブルドン同様、決勝の舞台での顔合わせとなった。

ウィンブルドンでは今回が通算3度目の対戦で、2012年の準決勝はフェデラー、昨年の決勝はジョコビッチが勝利を手にした。

フェデラーは今大会で好調さをみせており、特にサービスの調子が良い。トータルでブレークを許したのは準々決勝で対戦したG・シモン(フランス)戦の1ブレークのみ。さらに失ったセットは3回戦のS・グロス(オーストラリア)戦で落とした1セットのみとなっている。

ジョコビッチは今大会1週目の試合を全てストレートで勝利した。しかし、4回戦で第14シードのK・アンダーソン(南アフリカ)に苦戦を強いられた。2セットダウンまで追い込まれたジョコビッチであったが、そこから怒涛の巻き返しを見せて2日間に渡る大接戦を制し、勢いをそのままに決勝まで勝ち進んできた。

【ウィンブルドンの歴史に招かれるフェデラーとジョコビッチ】


ほぼ互角の戦いを繰り広げてきたジョコビッチとフェデラー。どちらが勝利を掴むことができるのか、注目の一戦は大会最終日の現地12日に行われる。

>>ウィンブルドン対戦表<<

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・完璧フェデラー「チャンス」
・ジョコとフェデラーが調整
・ジョコvsフェデラー 優勝は?


■最新ニュース■ 

・王者 国枝「完敗だった」
・セリーナ「最高、神に感謝」
・涙ムグルサ 快挙達成ならず
(2015年7月12日13時15分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!