- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル 最も低い第10シード

29日に開幕するテニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)のシード順が24日に発表され、大会2度の優勝を誇るR・ナダル(スペイン)は、シードとして出場した2005年以降(2009年の欠場は除く)で最も低い第10シードとなった。

【会場でしか買えない 全英タオル】

2003年に初出場したナダルは2008・2010年に優勝、2006・2007・2011年には準優勝している。2004・2009年は欠場。

今シーズンは思うような結果を残せておらず、マスターズ大会では無冠、全仏オープンでは準々決勝でN・ジョコビッチ(セルビア)にストレートで敗れ大会2敗目を喫した。さらに全仏オープン後に発表された世界ランキングでは2005年以来 約10年ぶりとなる2桁台の10位へ転落。

その後、芝のシーズンに入るとメルセデス・カップで今季2勝目をあげるも、翌週のAEGON選手権では初戦で敗れた。

昨年のウィンブルドンでは4回戦でN・キリオス(オーストラリア)に敗れて16強止まり。2012年には2回戦でL・ロソル(チェコ共和国)、2013年は初戦でS・ダルシス(ベルギー)に敗れる波乱に見舞われた。

今大会の第1シードは昨年覇者のジョコビッチ、第2シードはR・フェデラー(スイス)、第3シードはA・マレー(英国)、第4シードは今年の全仏オープンで優勝を飾ったS・ワウリンカ(スイス)、第5シードは松岡修造(日本)以来日本人男子20年ぶりのベスト8を狙う錦織圭(日本)となっている。

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・ナダルに続きスタンも姿消す
・「ナダル伝説」終焉か
・死のブロック ジョコとナダル


■最新ニュース■ 

・錦織は7位 賞金ランキング
・錦織 全英のシード決まる
・錦織の全英にチャン帯同せず
(2015年6月25日6時43分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!