- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織の全英にチャン帯同せず

29日から開幕するテニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)に出場を予定している世界ランク5位の錦織圭(日本)。その錦織のコーチを務めるM・チャン(アメリカ)はアメリカのスポーツ週刊誌スポーツイラストレイテッドのポッドキャストで、今年のウィンブルドンには帯同しないと話した。帯同しない理由として、妻のアンバーが第3子を授かっており、家族と共に過ごすためだとしている。

【会場でしか買えない 全英タオル】

6月上旬の全仏オープンで初の8強入りを果たした錦織の傍にはチャンコーチの姿があったが、ゲリー・ウェバー・オープンにその姿はなかった。

20日のゲリー・ウェバー・オープンに登場した錦織は、左足ふくらはぎの痛みにより、A・セッピ(イタリア)との準決勝途中で棄権を申し入れた。

試合中は思うように動けず、目の前にきたボールを返すのが精一杯。結果的に5ゲームをプレーした時点でトレーナーを呼び、試合続行不可能の判断を下した。

今回の棄権は、29日からのウィンブルドンを見据えた決断だった。

過去のウィンブルドンで錦織は、昨年4回戦でM・ラオニチ(カナダ)に敗れるも大会初の16強入りを果たしている。今年のウィンブルドンで錦織がベスト8進出した場合、四大大会では全てでベスト8進出を果たすことになる。

今回の怪我とチャンコーチが帯同しないという不安の中、今年はそれを上回る結果を残せるかに期待がかかる。

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・錦織の決断 全英見据える
・錦織 怪我は「多く語れない」
・錦織 準々決勝で痛めていた


■最新ニュース■ 

・錦織 フェデラーの決勝ならず
・添田 急遽サーフェス変わる
・フェデラー 決勝進出に安堵
(2015年6月22日9時55分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!