- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

注目の若手ら 明暗分かれる

男子テニスのツアー大会であるAEGON選手権(イギリス/ロンドン、芝)は16日、シングルス1回戦には注目の若手選手らが登場。主催者推薦で出場の19歳T・コキナキス(オーストラリア)J・シャーディ(フランス)を6-7 (3-7), 6-2, 6-4のフルセットの末に下して2回戦進出を果たした。一方、20歳N・キリオス(オーストラリア)は全仏覇者のS・ワウリンカ(スイス)に3-6, 4-6のストレートで敗れ、初戦敗退となった。

コキナキスはこの試合、第1セットからタイブレークにもつれ込み、このセットを落とすが、その後ペースを掴んだコキナキスは、試合を通して19本ものサービスエースを決め、第2セット以降はシャーディに1度もブレークを許さずに2時間1分で勝利を手にした。

今季コキナキスは、1月に行われた全豪オープン1回戦でE・ガルビス(ラトビア)をフルセットで下す金星をあげており、また3月のBNPパリバ・オープン男子3回戦で元世界ランク10位のJ・モナコ(アルゼンチン)をフルセットの末に下し、マスターズ初の4回戦進出を果たした。

先日の全仏オープンでは、四大大会初の3回戦進出を決めており、2回戦のB・トミック(オーストラリア)戦では2セットダウンからの大逆転で勝利した。

また、同日に行われたキリオスとワウリンカの試合は、ワウリンカのサービスに圧倒され、キリオスは1度もブレークすることが出来なかった。試合時間はわずか49分だった。

キリオスは、昨年のウィンブルドン4回戦でナダルを破る金星をあげてグランドスラムベスト8進出を果たすと、今年の全豪オープンで四大大会2度目の8強入り、さらにマドリッド・マスターズではフェデラーを破るなど、その勢いは増すばかり。

BIG4が崩れかけている今、錦織圭(日本)らトップ選手や、その下の世代に注目が集まる中、今大会も若手選手の活躍に期待されていたが、明暗が分かれることとなった。

>>AEGON選手権 対戦表<<

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・錦織より下の世代が脅威
・キリオス 3度の警告で失格寸前
・コキナキス 元10位破り初4回戦


■最新ニュース■ 

・30代対決に敗れるハース
・錦織ブロックのシード敗れる
・波乱ナダル、スタンは順当
(2015年6月17日12時05分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!