- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

決勝 松井俊英とダクヒが対戦

男子テニスツアーの下部大会である、かしわ国際オープンテニストーナメント(千葉県柏市/吉田記念テニス 研修センター、ハード)は13日、男子シングルス準決勝が行われ、第2シードのイ・ダクヒ(韓国)(韓国)と第5シードの松井俊英(日本)がそれぞれストレートで勝利して決勝進出を決めた。

第2シードのダクヒは、斉藤貴史(日本)を6-2, 6-3のストレートで下しての決勝。

第1セットを先取したダクヒは、斉藤貴史を深いショットで左右に揺さぶり、チャンスを作ってポイントを決めた。斉藤貴史もバックのスライスやアングルショットなど多彩なプレーで粘りを見せたが、4度のブレークに成功したダクヒが勝利をおさめた。


決勝進出を決めた第2シードのダクヒ

敗れた斉藤貴史は、昨年同大会の決勝で吉備雄也(日本)に敗れるも準優勝を飾っていたが、今回はベスト4で敗退となった。


決勝進出を逃した斉藤貴史

また、第5シードの松井俊英は準決勝で第1シードの仁木拓人(日本)を6-3, 6-2のストレートで撃破。

今大会の準々決勝で松井俊英は、昨年覇者で第3シードの吉備雄也をストレートで破って勝ち上がっており、今回は第1シードの仁木拓人と上位シードを連続で撃破し、第2シードのダクヒとの決勝に駒を進めた。


準決勝敗退となった第1シードの仁木拓人

今年のシングルス決勝は、第2シードのダクヒと第5シードの松井俊英がタイトル獲得をかけて対戦する。


■関連ニュース■ 

・斉藤が今季初V リベンジ成功
・斉藤「喜んでいい結果ではない」」
・第1シードの仁木 2週連続優勝


■最新ニュース■ 

・フェデラー全英復活劇なるか
・ナダル「昨日よりも良い」
・錦織「時差ボケ治したい」
(2015年6月13日15時02分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!