- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

第1シードの仁木 2週連続優勝

男子テニスツアーの下部大会である三菱電機・早稲田大学フューチャーズ国際テニストーナメント(東京/東伏見、ハード、賞金総額1万ドル)は22日にシングルス決勝が行われ、第1シードの仁木拓人(日本)(三菱電機)が主催者推薦で出場の今井慎太郎(日本)(早稲田大学)を6-7 (4-7), 6-4, 6-2の逆転で下し、亜細亜大学国際オープンに続き2週連続優勝を果たした。

仁木のサービスで始まったこの試合、序盤は両者サービスキープが続く。終盤第11ゲームで先にブレークしたのは今井だったが、直後に仁木がブレークバックに成功しタイブレークへ。

タイブレークで先にミニブレークに成功したのは仁木だが今井に追いつかれ、最後は仁木がストローク戦を落とし4-7で先取される。

第2セット第1ゲーム、デュースの場面から今井のダブルフォルトでブレークチャンスが訪れるが、ここは今井がボレーを決めデュース。仁木はここから2ポイント連取し先にブレークに成功。

第2ゲームを最後サービスを決めキープし2-0とリードするが、中盤第6ゲームで今井にポイント先行を許しこのゲーム2度目のチャンスでブレークバックされ追いつかれる。

仁木はこのあたりで右足付け根辺りを伸ばすようなしぐさを見せるが試合を続けた。

第7ゲーム、今井のボレーミスから仁木はポイント先行し0-40とチャンスが訪れるとデュースまで追いつかれるが、その後の2ポイントを取り2度目のブレークに成功する。

第9ゲームでブレークバックのピンチをしのいだ仁木は第10ゲームをラブゲームキープし第2セットを取る。

今井のサービスで始まるファイナルセット第1ゲーム、今井の2連続フォアハンドのミスで仁木はポイント先行するが、フォアがようやく決まり出しエースなど決められ今井がキープし流れに乗るかと思われたが、仁木も負けじとファーストサービスを連続で決めラブゲームキープする。

第3ゲーム、今井はウィナーを狙い強引にフォアハンドの強打を放つがミスが続く。ここをすかさず仁木がブレークすると流れは仁木に傾き、5-1と今井を突き放す。

第7ゲーム、仁木は2度のセットポイントを握るが、エースなどを決めなんとか今井がキープする。

第8ゲーム、仁木のサービング・フォー・ザ・チャンピオンシップでは最後ストローク戦を制し仁木が2週連続優勝を果たした。

この対戦は先週行われた亜細亜大学国際オープン1回戦と同じ対戦で、今井は今回も逆転で敗れる形となった。

《今井 vs 仁木 亜細亜大学国際オープン1回戦》

また今井は同大会で河野優平(早稲田大学)と組みダブルスに主催者推薦として出場し決勝進出。惜しくも第2シードの井藤祐一(日本)(ライフ・エヌ・ピー)/ C・イー(台湾)組に敗れ、単複共に準優勝となった。

《早稲田大学フューチャーズ ダブルス決勝》

ファイナルセット第7ゲームでキープし粘りを見せた今井は敗戦の悔しさからか試合を終え、涙をみせる場面もあった。

仁木は表彰の際、スピーチで山梨学院大学、筑波大学と4週連続優勝を狙うと意気込みを語った。

この日行われた試合結果は以下の通り。

【シングルス決勝】

○仁木拓人(三菱電機)(1) vs
●今井慎太郎(WC) 6-7 (4-7), 6-4, 6-2


健闘した今井慎太郎




2週連続優勝の仁木拓人


勝利した瞬間の仁木


■関連ニュース■ 
・仁木と今井が単決勝で対決
・第1シード仁木拓人が優勝
・今井慎太郎が単4強、複決勝


■最新ニュース■ 
・宮村 美紀 好調吉冨抑え優勝
・全国選抜開幕 組み合わせ決定
・ナダル ラオニチに初黒星


■最新動画■ 
・錦織 圭vsジョコビッチ【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
(2015年3月22日16時23分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!