- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

初の4強 一時はレストラン

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は3日、女子シングルス準々決勝が行われ、第23シードで世界ランク24位のT・バシンスキー(スイス)がノーシードから勝ち上がったA・ヴァン=ウィットバンク(ベルギー)を6-4, 7-5のストレートで下し、自身初の四大大会ベスト4進出を決めた。試合後、バシンスキーは4強入りの喜びと、これまでの人生経験も語った。

25歳のバシンスキーは、これまでの全仏オープンで2回戦の壁を超えたことがなかった。その他のグランドスラムでも3回戦進出が最高成績。昨年の全仏オープン時は世界ランク112位だったバシンスキー。その時は予選から出場し、本戦の舞台に立っていた。

バシンスキーは数年前、テニスから離れてレストランで働いていた時期もあった。そして、ホテル経営を学ぶために学校へ通うことも考えていた。

「その経験がフォアハンドやバックハンドなどのプレーに活かされているかわからないけど、謙虚さを持てるようになった。」と、語るバシンスキー。

準々決勝、最後マッチポイントでバックハンドのダウン・ザ・ラインを決めたバシンスキーは「本当に信じられない。」と、自分の今の状況を受け入れられていないようだった。

今回、バシンスキーの4強入りは、2004年の全豪オープンでP・シュニーダー(スイス)が準決勝進出して以来となる、スイス人女子選手としてグランドスラムでのベスト4進出となった。

決勝進出をかけてバシンスキーは、第17シードのS・エラーニ(イタリア)を6-1, 6-3で一蹴した第1シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)と準決勝で対戦する。

これまで2度の対戦で、いずれも敗れているバシンスキーは「もう、ここまで来たら次に誰と対戦するかなんて関係ない。」と、無心で試合に臨む意気込みを語っていた。

>>全仏オープンドロー表<<







■関連ニュース■ 

・イバノビッチ Vまであと2勝
・全英女王クヴィトバ 逆転許す
・シャラポワ「話したくない」


■最新ニュース■ 

・リー出産 「ようこそアリサ!」
・上機嫌ジョコ フランス語話す
・「ナダル伝説」終焉か
(2015年6月4日8時32分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!