- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

セリーナ 女王の意地で逆転

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は1日、女子シングルス4回戦が行われ、大会2度の優勝を誇る第1シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)が22歳S・スティーブンス(アメリカ)とのアメリカ勢対決を1-6, 7-5, 6-3の逆転で制し、ベスト8進出を決めた。

両者は今回が5度目の対戦となり、セリーナはスティーブンスとの対戦成績を4勝1敗とした。その1敗は2013年の全豪オープン準々決勝。

セリーナは今大会、1回戦ではストレート勝ちをおさめるも、2・3回戦は1セットダウンから逆転勝利と、苦戦しながらも勝ち上がってきていた。

この試合、第1セットでセリーナはミスを連発し、このセットをあっさり落とす。しかし、ここから立て直したセリーナが女王の意地を見せつけ、またもフルセットの接戦を制し、3試合連続で逆転勝利をおさめた。

過去同大会でセリーナは、2002年に大会初優勝を飾っており、その後2013年に決勝でM・シャラポワ(ロシア)を下して2度目のタイトル獲得を果たしている。今回は大会2年ぶり3度目の優勝を狙う。

一方、女王セリーナに敗れたスティーブンスは、今大会の1回戦で第15シードのV・ウィリアムズ(アメリカ)を撃破、2回戦でH・ワトソン(英国)、3回戦でT・ピロンコバ(ブルガリア)に勝利しての勝ち上がりとなっていたが、女王セリーナを破ることは出来なかった。

>>全仏オープン女子ドロー表<<




■関連ニュース■ 

・ALL GS 50勝達成セリーナ
・セリーナ 空振りで会場も爆笑
・セリーナ 勝因は1杯のコーヒー


■最新ニュース■ 

・ツォンガ 錦織戦に闘志燃やす
・修造が錦織を祝福&絶賛
・シャラポワ 連覇ならず
(2015年6月2日0時21分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!