- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー ディミトロフ称賛

アメリカはニューヨークにあるマジソン・スクエアー・ガーデンで火曜日の夜に行われたエキシビション・マッチでは、世界ランク2位のR・フェデラー(スイス)が同ランク11位のG・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦したが、ディミトロフがフェデラーを6-2, 1-6, 7-5のフルセットで下す接戦を披露し、観客を沸かせた。

グランドスラム最多優勝の17度を誇るフェデラーは、およそ10歳年下のディミトロフと対戦したが、ディミトロフはジュニア時代からそのプレースタイルがフェデラーに似ている事から「ベビー・フェデラー」のニックネームが付けられていた。

1991年生まれで現在23歳のディミトロフは、公式戦ではこれまでフェデラーに対して0勝3敗と勝ち星を飾れてはいないが、この日は第3セットで先にブレークを許すもそこから逆転して勝利をものにしていた。

「彼(フェデラー)に対して本当に尊敬の気持ちが強いんだ。」と昨年のウィンブルドンで自身初となるグランドスラムでの準決勝進出を果たしたディミトロフがフェデラーについてコメントしていた。

それを受けてフェデラーも「彼(ディミトロフ)はとても良いプレーをしていた。正直、今日の彼は本当に上手に試合を引っくり返したよ。彼はそれに値するプレーをしていた。初めてこの会場での試合で、プレッシャーも大きかった。」と素直にディミトロフのプレーを称賛していた。

そのエキシビションの前には44歳のG・サバティーニ(アルゼンチン)が41歳のM・セレス(アメリカ)と8ゲーム先取の1セットマッチのエキシビションを行い、サバティーニがセレスを8-5で下していた。

この対戦は、1990年の女子ツアー最終戦の決勝戦で両者が対戦してから25周年を記念して行われたエキシビションだった。その時の最終戦は、この会場であるマジソン・スクエアー・ガーデンで行われていて、当時の決勝戦は5セットマッチだった。その試合はフルセットにもつれる接戦となったがセレスに軍配が上がっていた。

エキシビションの伝統にもなっているが、ディミトロフは第3セットの途中で会場から1人の少年をコートに招き入れ、1ポイントだけ試合に参加させていた。ディミトロフもフェデラーも素晴らしいショットを披露してはいたが、その少年も見事なロブでフェデラーの頭上を抜いていた。

しかしベテランのフェデラーも、まだまだ動きでは負けておらず、そのロブを追うと股抜きショットを披露しボールを返球すると、ディミトロフは次のボレーをミスしてしまった。

第3セットの序盤では、フェデラーがディミトロフを走らせ、ディミトロフは大きく足を広げてスライドしながらボールを追わされていた。次のゲームでディミトロフは、短いボールを追い掛け、それを信じられないアングルへ返球しウィナーを取ると、フェデラーは耳元へ手を添えると観客に拍手を求めていた。

続くゲームでは、フェデラーは天上に設置してある大きなビデオスクリーンへ向けてムーンボールを飛ばすと、それがディミトロフのコートへ落ちるとディミトロフはそのボールをくぐり抜けながらも、フェデラーへ返球するなど、観客を大いに楽しませていた。

「今日はある瞬間はとても苦しんでいたんだ。お互いすごいショットも打っていた。最終的にはとてもレベルの高い試合になったと思う。」とフェデラーは、このエキシビションを振り返っていた。


■関連ニュース■ 
・フェデラー「自分とそっくり」
・フェデラー「いつかは破られる」
・フェデラー1000勝「特別な瞬間」


■最新ニュース■ 
・今井 慎太郎 逆転で2回戦逃す
・元2位が約10ヶ月ぶりに復帰
・西岡 大会初挑戦も勝利ならず


■最新動画■ 
・錦織 圭vsジョコビッチ【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
(2015年3月11日19時44分)

その他のニュース

2月21日

工藤阿須加が語る テニスの展望 (18時31分)

錦織以来の日本人4強狙う (18時15分)

チリッチ下し約1カ月半ぶり勝利 (17時41分)

綿貫陽介 第1シードに快勝 (16時59分)

「水とお湯でテニスをサポートする話」 (15時57分)

マクラクラン勉組が準決勝へ (14時43分)

JTAと花王がスポンサー契約 (13時35分)

ティーム 自己最高3位へ王手 (12時51分)

トップ10選手から初勝利 (12時19分)

元世界1位を逆転で撃破 (11時51分)

2試合連続MPしのぎ勝利 (10時51分)

2月20日

フェデラー 右ひざを手術 (21時53分)

ジョコがファンと路上テニス (17時52分)

ハレプ MP凌ぎ逆転で8強へ (16時58分)

16歳アルカラス 8強ならず (15時48分)

二宮真琴組 惜敗で8強ならず (14時54分)

MP2本凌ぎ逆転で激闘制す (13時44分)

綿貫陽介 CH辛勝で3回戦へ (12時23分)

西岡良仁8強 完勝は「救い」 (11時33分)

快勝で8強入り 連覇へ前進 (10時50分)

西岡 準々決勝は18歳ナカシマ (8時50分)

西岡良仁 圧勝で5年ぶりの8強へ (5時29分)

2月19日

ウィルス影響 中国がデ杯欠場 (18時09分)

前週V 青山/柴原組は初戦敗退 (16時47分)

18歳シナー、メドヴェデフ戦へ (15時11分)

勝利で涙のソック「過酷だった」 (13時32分)

全豪女王が初戦敗退「失望」 (12時38分)

341位に苦戦もティーム勝利 (11時37分)

キリオス 手首負傷で棄権 (10時52分)

【中止】キリオスvsポール (9時21分)

2月18日

16歳新星、深夜3時の激闘制す (18時56分)

クレーで初のチャレンジ導入 (16時55分)

ガスケ撃破 21歳が熱戦制す (16時46分)

韓国クォン 逆転で初戦突破 (16時00分)

ナカシマ、ツアー本戦初勝利 (15時09分)

主審に激怒、荒れた試合展開に (12時26分)

二宮組 ハレプ組破り初戦突破 (11時45分)

元世界1位 現役復帰戦は黒星 (11時40分)

錦織30位 綿貫ジャンプアップ (11時02分)

西岡良仁 3年ぶりに初戦突破 (10時05分)

【1ポイント速報】西岡vsミルマン (8時10分)

内山 デルレイビーチ初戦敗退 (8時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!