- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織4位確定 2大会連続V王手

男子テニスツアーのアビエルト・メキシコ・テルセル男子(メキシコ/アカプルコ、ハード、賞金総額1,548,755ドル、優勝賞金343,000ドル)は27日、シングルス準決勝が行われ、第1シードの錦織圭(日本)が第4シードのK・アンダーソン(南アフリカ)を6-2, 3-6, 6-3のフルセットで下し、2大会連続優勝に王手をかけたと同時に、3月2日に発表される世界ランキングで自己最高、日本人最高位タイとなる4位に浮上することが確定した。

アンダーソンのサービスで始まったこの試合、出だしは両者キープとなるが、第3ゲームでアンダーソンのダブルフォルトで0-40と錦織にチャンスが訪れると30-40、3度目のチャンスでロングラリーの末に錦織がバックハンドのダウンザラインを決め先にブレークに成功する。

第7ゲームでも錦織はポイント先行し再び0-40とチャンスが訪れる。1度目のチャンスで錦織がバックハンドでリターンをクロスに返しアンダーソンのバックハンドがネットとなり錦織が2度目のブレークに成功する。

第8ゲームで錦織はアンダーソンに40-15から追いつかれるが、3度目のセットポイントでストロークを決め、第1セットを33分で先取する。

第1セットはファーストサービスを73パーセントの確率で入れ、非常に安定したサービスゲームを展開し第1セットを取った。

第2セットも錦織は第3ゲームで先にブレークチャンスを掴むも活かすことができずアンダーソンがキープする。

錦織は第4ゲームまでは安定したサービスゲームをみせるがファーストサービスの確率を29パーセントと大きく下げる。第5ゲームをラブゲームキープしたアンダーソンは中盤から調子を上げ第6ゲームで先に攻め、1度のチャンスでブレークに成功する。

その後錦織にブレークチャンスは訪れず、アンダーソンが1ブレークを守り第2セットを取る。

ファイナルセット、錦織がサービスの第1ゲーム、ファーストサービスの確率を戻すもアンダーソンの強打に苦しめられデュースとし、フォアハンドのチャンスボールを決められブレークチャンスを許すと、最後は錦織のフォアハンドがネットとなり先にブレークを許す。

しかし直後の第2ゲーム、アンダーソンのダブルフォルトで0-30、フォアハンドのネットで0-40と錦織にチャンスが訪れる。アンダーソンは2ポイント返し30-40、最後はアンダーソンのストロークがアウトとなりブレークバックに成功する。

第4ゲームでも錦織はブレークに成功、第5ゲームでブレークチャンスをしのぎサービスキープし4ゲーム連取してリードする。

第5ゲームを終え、ゲームシャツを着替えた錦織はサービスキープを続け、第9ゲーム、最後はセンターにサービスエースを決めラブゲームキープし、2時間1分で勝利した。

ファイナルセットも先にブレークを許した錦織だが、サービスの調子を戻し、勢いに乗ったアンダーソンを相手に見事に勝ちきった。

両者は3度目の対戦となり、錦織はアンダーソンに3勝0敗と全勝している。

この試合に勝利した錦織は今週行われているドバイ・デューティー・フリー・テニス選手権男子に出場している世界ランク3位のA・マレー(英国)が準々決勝で敗れているため、3月2日に発表されるATP世界ランキングで錦織はマレーを抜き自己最高位の4位に浮上することが確定した。

これまでの日本人選手の最高位は1995年にクルム伊達公子(日本)(※当時は伊達公子)が記録した4位で、錦織はその記録に並ぶ。

また錦織が今大会で優勝し、今週アルゼンチンで行われているアルゼンチン・オープンに出場している世界ランク4位のR・ナダル(スペイン)が優勝しなかった場合、ナダルも抜き自己最高、日本人最高位となる3位に浮上する。

勝利した錦織は2大会連続優勝に向け、予選勝者のR・ハリソン(アメリカ)と第2シードのD・フェレール(スペイン)の勝者と対戦する。


入荷しました!



■関連ニュース■ 
・錦織出場 アカプルコ大会ドロー
・錦織 キャリア200勝達成
・デ杯 日本代表メンバーが決定


■最新ニュース■ 
・日本勢は伊藤のみ勝ち進む
・ナダル組 今季2勝目逃す
・上位シードが4強前に姿消す


■最新動画■ 
・錦織 圭vsジョコビッチ【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
(2015年2月28日12時53分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!