- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル 苦戦するも最後は圧倒

男子テニスツアーのリオ・オープン男子(ブラジル/リオデジャネイロ、クレー、賞金総額1,548,755ドル、優勝賞金343,000ドル)は20日、シングルス準々決勝が行われ、昨年覇者で第1シードのR・ナダル(スペイン)が第6シードのP・クエバス(ウルグアイ)を4-6, 7-5, 6-0の逆転で下し、ベスト4進出を決めた。

両者は今回が初めての対戦となった。

この試合、ナダルはファーストサービスが入った時に76パーセントの確率でポイントを獲得し、試合を通して5度のブレークに成功した。

第1セットでナダルは、クエバスにブレークを許してこのセットを落とし、第2セットは両者サービスキープが続き、ナダルはなかなかクエバスのサービスゲームを崩すことが出来ず苦戦する。しかし、第12ゲームでブレークに成功してファイナルセットへと持ち込み、ファイナルセットではクエバスに1ゲームも与えずに2時間5分で逆転勝利をものにした。

準決勝でナダルは、第4シードのF・フォニュイーニ(イタリア)と対戦する。

昨年同大会でナダルは、決勝でA・ドルゴポロフ(ウクライナ)を下してタイトル獲得を果たしており、その時は大会初出場でのタイトル獲得となった。今回は大会2連覇と今季初優勝を狙う。

《ナダル優勝の記事はこちら》

今大会は1回戦でT・ベルッチ(ブラジル)、2回戦で同胞のP・カレノ=ブスタ(スペイン)、そして準々決勝でクエバスを逆転で下してベスト4入りを決めた。

また、同日行われたシングルス準々決勝では、A・ハイデル=マウアー(オーストリア)が主催者推薦枠で出場のJ・ソウザ(ブラジル)を7-6 (7-4), 1-6, 6-4のフルセットの末に下し、準決勝進出を決めている。


日清ひよこちゃんバッグをプレゼント!



■関連ニュース■ 

・昨年覇者ナダル 同胞下し8強
・V2狙うナダルが好スタート
・ナダル「この状況は難しい」


■最新ニュース■ 

・ワウリンカ 世界59位に敗れる
・西岡 良仁 初のベスト4ならず
・シード勢撃破の21歳が初4強


■最新動画■ 

・通算1000勝を達成したフェデラー特集
・ナダルやジョコビッチが沸かせた開幕戦
(2015年2月21日15時33分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!