- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】ナダル 準々決勝敗退

テニスのグランドスラム、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、賞金総額17,748,600ドル)は27日、男子シングルス準々決勝が行われ、第3シードのR・ナダル(スペイン)は第7シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)に2-6, 0-6, 6-7 (5-7)のストレートで敗れる波乱が起きた。

この試合、ナダルは第4ゲームで先にブレークを許すと第8ゲームで2度目のブレークを許し第1セットを落とす。

第2セットでは6ゲーム連取を許しわずか25分で第2セットを落とし、後がなくなる。

ベルディヒの好調なプレーに対し、ナダルは消極的なプレーでいつものフットワークが見られなかった。

第3セット第2ゲームでナダルがサービスキープに成功するまで9ゲーム連取を許すが、第4ゲーム最後のポイントで回り込んだフォアハンドのダウンザラインを決めサービスキープに成功する。

ガッツポーズし徐々に流れを戻したかと思われたが、ベルディヒがサービスキープを続ける。

第8ゲームではベルディヒにブレークチャンスを許すがサービスエースでしのぎ、キープに成功する。

第9ゲーム、ナダルは第1セット以来のブレークチャンスを掴むがベルディヒのサービスでしのがれ、ブレークすることができなかった。

徐々に調子を上げるナダルは、第12ゲームで2度のマッチポイントをしのぎタイブレークへもつれる。

タイブレークに入り、ナダルは8・9ポイント目でミニブレークに成功するが、2・6・10ポイント目でミニブレークを許し、ベルディヒ4度目のマッチポイントの末に2時間13分で敗れた。

両者は22度目の対戦となり、ナダルはベルディヒに18勝4敗とし、ベルディヒに17連勝していたナダルは2006年ムチュア・マドリッド・オープン準々決勝以来の敗戦となった。

ナダルが準々決勝で敗れるのは2011年以来となり、2013年の欠場を除く2012年と2014年の2大会連続で準優勝していた。

また、ベルディヒは全豪オープン2年連続2度目のベスト4進出し、勝利したベルディヒは準決勝で第6シードのA・マレー(英国)と地元期待のN・キリオス(オーストラリア)の勝者と対戦する。


■関連ニュース■ 
・不調ナダル 4時間戦制す
・ナダル 「優勝候補は自分以外」
・ナダル「続けているルーティン」


■最新ニュース■ 
・世界3位ハレプ 初の4強逃す
・26度目の姉妹対決なるか
・ジョコビッチ 8年連続ベスト8


■最新動画■ 
・錦織 圭vsフェレール【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
(2015年1月27日14時40分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!