- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

シャラポワ 崖っぷちから逆転

テニスのグランドスラム、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、賞金総額15,561,973ドル)は21日、女子シングルス2回戦が行われ、第2シードのM・シャラポワ(ロシア)が予選勝ち上がりのA・パノワ(ロシア)を6-1, 4-6, 7-5のフルセットで下し、5年連続3回戦進出を決めた。

この試合、第1セットでシャラポワが第3ゲームで先にブレークし6ゲーム連取して快勝するかと思われたが、第2セットに入りサービスの調子が落ち、2度のブレークを許し追いつかれる。

第3セットではファーストサービスの確率が上がってくるも第1ゲームで先にブレークを許す。第6ゲームで追いつくが直後の第7ゲームで再びブレークを許し後が無くなる。

第10ゲームでシャラポワはフォアハンドのダウンザラインを2度アウトし40-30と、パノワのマッチポイントの場面でリターンエースを決めしのぐが、次のポイントでリターンをネットにかける。

フォアのアングルショット、バックハンドのクロスのウィナーを決めブレークチャンスを掴むもリターンに苦しみデュース。再びフォアハンドのリターンエースを決めチャンスが訪れると、フォアハンドのウィナーをクロスに決めブレークバックに成功する。

2度のマッチポイントをしのいだシャラポワは第11ゲームをラブゲームでキープする。

第12ゲームでシャラポワは0-15から3ポイント連取し、マッチポイントを迎える。

最後はストローク戦を制しシャラポワが2時間31分で勝利した。

両者は初対戦となり、勝利したパノワは3回戦で第31シードのZ・ディアス(カザフスタン)とA・スクミエドロワの勝者と対戦する。

シャラポワは2008年以来となる優勝を狙い、優勝し場合1位に返り咲く事が決まっている。


■関連ニュース■ 
・シャラポワ 「ゼロからスタート」
・シャラポワ 錦織を絶賛
・シャラポワ「全ての試合が挑戦」


■最新ニュース■ 
・昨年全豪覇者リー 妊娠を発表
・モンフィス 同胞に大逆転勝利
・錦織 「世界5位の気負いはない」


■最新動画■ 
・錦織 圭vsフェレール【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
(2015年1月21日13時29分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!