- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

昨年全豪覇者リー 妊娠を発表

昨年の全豪オープン女子シングルス覇者で、9月に突然の引退を表明したN・リー(中国)は、今年の同大会初日にロッド・レーバー・アリーナに姿を見せると、第1子を妊娠中であることを公にしていた。そんな彼女だが、将来子供に自分がプロテニス選手だった事を伝えるつもりはないと語っていた。

もちろんそれは、自身のテニス人生を後悔している訳ではないし、もし昔に戻れても何も変えるつもりはないと言う。ここまでの自身の人生を“完璧”と言い表していた。

現在32歳のリーは、引退を決意するのはかなりの難しい決断だったと振り返っていた。それでも実は引退についてはそれまでも長い間考えていた事で、今ではその決断を心地よくも思っていると語る。

「もし次の人生があるとするなら、またテニス選手を選ぶでしょう。引退を決断し、テニスから去ることは本当に辛い事でした。でも今は、現在している事を続けて、家族のための生活をしなければと感じているのです。」とリーは、20日に詰め掛けたレポーター達に語った。

大会初日の19日に、センターコートであるロッド・レーバー・アリーナへ再び姿を見せたリーだったが、それは大会での連覇をするためではなく、彼女と彼女のご主人であるジアン・シャン氏がこの夏にも第1子を授かる事を報告するためであった。

その後に彼女は自身の公式フェースブックにメッセージをアップしていた。それには、オーストラリアのファンと特別な繋がりがあると感じているそのアリーナで、妊娠の報告をしたかったと自身の気持ちを綴っていた。

彼女が最初にブレークしたのも2011年のそのアリーナだった。アジア人選手として初めてグランドスラムの決勝の舞台に立ったのだ。そして試合後のインタビューでは、主人であり当時のコーチであるジアン・シャン氏と自身のやりとりを皮肉めいた漫才のように語った事から更に人気を高めた場所でもあった。

4度目の膝の手術の直後に引退を決断したリーは、そんなユーモア溢れるキャラクターから、レポーターに引退した事で良い面もあると加えていた。

「少なくとも今は、今年の目標を答えずに済むようになりました。よりリラックスしているし、もうストレスを感じなくても良くなったのです。今の自分は以前より数倍幸せだと感じています。」

リーは引退した後はずっと忙しい日々を送っていた。シャン氏と一緒に中国国内を飛び回り、自身のテニスアカデミーを設立する計画を立てていた。彼女は誰の力も借りずに、テニスと言うスポーツの人気を中国全土で爆発させたのだった。

女子プロテニスツアーを運営するWTAはリーの事を、アジアそしてテニスにおいての先駆者と表している。リーは中国人として初めてWTAツアー優勝を飾り、世界ランクでも初めてトップ20入りを果たし、アジア出身の選手として初めてグランドスラム優勝を果たしたのだ。彼女は昨年引退する前に自己最高位となる世界ランク2位を記録していた。

だが今のリーに取って、一番に考える事は家族の事となるだろう。

「私達の新しい生活は数ヵ月前に始まったばかりなのです。まだつわりもあります。」と今の気持ちを語っていた。そして赤ちゃんが男の子か女の子かまだ分からないとしながらも「女の子が良いですね。」と思いを伝えていた。

そしてテニスを教えるかとの問いには、もし教えて欲しいと言われたらそうすると返答していた。「自分がテニス選手だったとは言わないようにするつもりです。それはとても簡単な事。ただただ子供の健康と幸せを望んでいるからだけなのです。」と中国語訛りの英語で答えていた。

「テニスは仕事でした。子供の仕事ではないのです。誰にだって人格がありますから。」と自分の子供にテニスを強いる事はないと明言していた。そしてご主人がオムツを替えてくれる事はないだろうとしながらも、それは全く構わないとも加えていた。

続けて彼女は「夢は主婦になることでした。」と語り、それは妊娠する前から言っていた事だと説明していた。そして妊娠した今、指を鳴らしながら「そう、今のようにね。」と幸せそうに語っていた。


■関連ニュース■ 
・リー 感動の引退セレモニー
・引退のリー「必ず終わりがある」
・リーが3度目の正直で初優勝


■最新ニュース■ 
・錦織 「世界5位の気負いはない」
・ナダル 新ラケットで全豪臨む
・敗退のクルム伊達 涙の会見


■最新動画■ 
・錦織 圭vsフェレール【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
(2015年1月21日10時35分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

2月21日

工藤阿須加が語る テニスの展望 (18時31分)

錦織以来の日本人4強狙う (18時15分)

チリッチ下し約1カ月半ぶり勝利 (17時41分)

綿貫陽介 第1シードに快勝 (16時59分)

「水とお湯でテニスをサポートする話」 (15時57分)

マクラクラン勉組が準決勝へ (14時43分)

JTAと花王がスポンサー契約 (13時35分)

ティーム 自己最高3位へ王手 (12時51分)

トップ10選手から初勝利 (12時19分)

元世界1位を逆転で撃破 (11時51分)

2試合連続MPしのぎ勝利 (10時51分)

2月20日

フェデラー 右ひざを手術 (21時53分)

ジョコがファンと路上テニス (17時52分)

ハレプ MP凌ぎ逆転で8強へ (16時58分)

16歳アルカラス 8強ならず (15時48分)

二宮真琴組 惜敗で8強ならず (14時54分)

MP2本凌ぎ逆転で激闘制す (13時44分)

綿貫陽介 CH辛勝で3回戦へ (12時23分)

西岡良仁8強 完勝は「救い」 (11時33分)

快勝で8強入り 連覇へ前進 (10時50分)

西岡 準々決勝は18歳ナカシマ (8時50分)

西岡良仁 圧勝で5年ぶりの8強へ (5時29分)

2月19日

ウィルス影響 中国がデ杯欠場 (18時09分)

前週V 青山/柴原組は初戦敗退 (16時47分)

18歳シナー、メドヴェデフ戦へ (15時11分)

勝利で涙のソック「過酷だった」 (13時32分)

全豪女王が初戦敗退「失望」 (12時38分)

341位に苦戦もティーム勝利 (11時37分)

キリオス 手首負傷で棄権 (10時52分)

【中止】キリオスvsポール (9時21分)

2月18日

16歳新星、深夜3時の激闘制す (18時56分)

クレーで初のチャレンジ導入 (16時55分)

ガスケ撃破 21歳が熱戦制す (16時46分)

韓国クォン 逆転で初戦突破 (16時00分)

ナカシマ、ツアー本戦初勝利 (15時09分)

主審に激怒、荒れた試合展開に (12時26分)

二宮組 ハレプ組破り初戦突破 (11時45分)

元世界1位 現役復帰戦は黒星 (11時40分)

錦織30位 綿貫ジャンプアップ (11時02分)

西岡良仁 3年ぶりに初戦突破 (10時05分)

【1ポイント速報】西岡vsミルマン (8時10分)

内山 デルレイビーチ初戦敗退 (8時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!