- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

西岡 「同年代には負けたくない」

今年のアジア競技大会で男子シングルス40年ぶりの金メダルを獲得し、グランドスラム初出場で予選を突破した西岡良仁(日本)が13・14日に行われたエキシビション、空旅 .com HEAT JAPANに出場した際にtennis365.netの独占インタビューに応じた。

【西岡良仁 独占インタビュー】

-Q.来年のデビスカップについてどう思いますか?
僕自身が団体戦が好きでジュニアデビスカップだったり、ワールドカップ、アジア大会などチーム戦が大好きで、デビスカップには出たいと思っています。あれだけの場所でテニスをしたいです。

-Q.星の振動止めはお気に入りですか?
あれを付けて初めて出場したのが去年の全日本選手権で、そこで準優勝が出来たのでこれをトレードマークとして使っています。結果が出たから使い続けています。

-Q.休みの日は何をしていますか?
アメリカにいたころは行くとこがあまり無かったので、家でパソコンしたり、ゲームしたり、ゴルフが出来るので、たまにゴルフをしたりしていました。日本にいるときは買い物行ったり、友達とご飯に行ったり、外に行く方なのでよく出かけています。

-Q.テニスとゴルフどっちが難しいですか?
自分で言うのもあれですが、ゴルフは上手くなる自信があります(笑)。ちゃんとゴルフ練習してみたくて、精神的に難しいのはわかります。多分18ホール回れないと思います。メンタル的に飽きてしまうので自分には無理だと思います。ちゃんと当たるのですが狙ったとこに行かないですね、力加減とかが難しいです。

-Q.どうしたら西岡選手みたいなフットワークになれますか?
フットワークに関しては僕が小さい時からどんなボールでも拾うようにしています。アウトのボールも取るようにしていて、全てのボールを拾うという意識で練習していました。

-Q.どうしたら西岡選手みたいなバックハンドが打てますか?
バックハンドは小さい頃からバックハンドの方が得意で、バックハンドはあまりミスする気がしませんでした。バックの感覚が良いと言われていて教えろと言われても難しいですね。

-Q.ライバル意識している選手はいますか?
もちろん同年代には負けたくないですね、T・コキナキス(オーストラリア)(オーストラリア)もそうですし、B・コリッチもニック(キリオス)にだって早く追いつきたいと思っています。A・ズベレフ(ドイツ)にも。

同じ10代で同じ辺りにいる選手に負けたくないという気持ちは強いです。上には立ち向かうだけですが、同世代の選手には離されたくないです。年が近い選手にはライバル心が強いですね。

-Q.日本人選手、アジアの選手として海外で戦い抜くには何が必要ですか?
海外でものびのび出来る選手が強くなると思います。外国人選手を相手に委縮して勝てなくなってしまう人もいると思います。

僕は小さい頃から海外に慣れたのでそれは無かったです。世界を目指すジュニアは海外に出て経験を小さい時から積むとプロになってから経験を活かせると思います。

西岡良仁 独占インタビュー@

西岡良仁が使用している振動止めはこちら

※インタビューの続きは12月17日に配信する。


■選手関連ニュース■ 
・西岡 緊急参戦も勝利飾る
・添田 豪 鈴木 貴男下し優勝
・19歳西岡良仁 40年ぶり金メダル


■最新ニュース■ 
・錦織は5位 準V江原は32上げる
・錦織 誕生日パーティーに参加
・奈良 くるみ 人気ランク49位


■最新動画■ 
・激戦となった最終戦複の決勝
・最終戦で魅せた超絶ポール回し
(2014年12月16日15時55分)
  • コメント -

    その他のニュース

    8月21日

    ベルディヒ 復帰戦は2回戦敗退 (8時27分)

    8月20日

    チョン 全米OP予選2回戦へ (18時09分)

    インカレ 単複決勝の結果一覧 (17時07分)

    マレー 2週連続の初戦敗退 (16時29分)

    フェデラーら全米会場で練習 (14時55分)

    錦織 最終戦ランクは8位 (11時19分)

    清水綾乃 全米OP予選2回戦へ (11時15分)

    杉田ら全米OP予選2回戦へ (8時51分)

    8月19日

    インカレ 今村と山尾が決勝へ (21時56分)

    インカレ 佐藤南帆が単複決勝へ (21時34分)

    メドヴェデフ 初のトップ5へ (19時16分)

    錦織7位 西岡は59位へ浮上 (16時45分)

    西岡59位へ 自己最高目前 (15時21分)

    テニス365とウインザーが提携 (15時13分)

    キーズV トップ10返り咲き (14時46分)

    大坂1位 全米は第1シード (13時29分)

    メドヴェデフ「最高の1週間」 (12時01分)

    錦織 世界ランク7位へ後退 (11時13分)

    メドヴェデフ マスターズ初V (7時29分)

    8月18日

    インカレ男子 単複4強が出揃う (21時04分)

    インカレ女子 単複4強が出揃う (20時48分)

    ジョコ脱帽「世界のトップ」 (17時35分)

    メドヴェデフ 3週連続決勝へ (16時05分)

    全日本Jr 男子は藤原智也がV (16時00分)

    全日本Jr女子、山口瑞希がV (15時17分)

    ゴファン マスターズ初の決勝へ (14時22分)

    インカレ 準決勝からライブ配信 (14時21分)

    マレー 2週連続で単に臨む (13時48分)

    錦織 練習再開、全米へ向け調整 (11時40分)

    ジョコ逆転負けで2連覇ならず (9時01分)

    大坂なおみ 世界1位キープ確定 (1時17分)

    ←ニューストップへ
    ←前のページに戻る



    テニスの総合ポータルサイトテニス365
    テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!