- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

19歳西岡良仁 40年ぶり金メダル

韓国・仁川(インチョン)で開催される第17回アジア競技大会は30日、男子シングルス決勝が行われ、西岡良仁(日本)が第1シードのルー・イェンスン(台湾)を6-2, 6-2のストレートで下し、日本男子シングルスでは1974年の坂井利郎以来となる40年ぶりの金メダルを獲得した。

19歳の西岡良仁は、昨年は下部大会のフューチャーズ3大会で優勝、全日本選手権では伊藤竜馬(日本)に敗れるも準優勝。今年は1月にプロへ転向、そして2月のUSA F5 フューチャーズ、6月には札幌国際オープンテニスの2大会で優勝を飾った。

また、4月のアメリカ チャレンジャー大会では元世界ランク38位のD・ヤング(アメリカ)を下すなど、着実に実力をつけてきた。

その後の全米オープンには予選から出場し、元世界ランク39位H・セバリョス(アルゼンチン)T・コキナキス(オーストラリア)(オーストラリア)、M・イルハン(トルコ)を破り、グランドスラム初の本戦出場を果たした。

本戦1回戦ではP・ロレンジ(イタリア)と対戦するも途中棄権を申し入れ、四大大会初勝利とはならなかった。

一方、西岡良仁に敗れた世界ランク42位のルー・イェンスンは、これまでの世界ランキング自己最高位を33位としている実力者。2010年のウィンブルドンでは元世界ランク1位のA・ロディック(アメリカ)らを次々と破る快進撃でベスト8へ進出した経験を持つ。

その他の日本勢では杉田祐一(日本)は準決勝でルー・イェンスンに接戦の末に敗れるも、銅メダルを獲得している。


■関連記事■ 

・大金星の伊藤「本当に嬉しい」
・ダニエル 太郎 1歩及ばず惜敗
・添田 豪 単で初勝利あげられず
・錦織組が8強「すごく嬉しい」
・錦織 「チャンスを待っていた」


■関連動画■ 

・ジョコビッチらトップ選手が格の違いを見せつける!
・GS初優勝を成し遂げ今季大躍進を果たしたワウリンカを特集!
(2014年9月30日20時02分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!