- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ダニエル太郎 1歩及ばず惜敗

男子テニスツアーの楽天ジャパン・オープン(日本/東京、ハード)は29日、シングルス1回戦が行われ、本戦1日目の最終試合となったダニエル太郎(日本)D・イストミン(ウズベキスタン)の対戦は6-7 (2-7), 7-6 (7-5), 5-7のフルセットでダニエル太郎が敗れ、2回戦進出を逃した。

第1セット、両者はサービスキープが続く。第5ゲーム15-40とし、先にブレークチャンスが訪れたのはダニエル太郎だが、このゲームはイストミンがサービスキープをする。

ダニエル太郎は3度のブレークチャンスをしのぎタイブレークに突入すると、3ポイント目でチャンスボールのバックボレーをネットにかけミニブレークを許す。その後も6ポイント目でもミニブレークを許し第1セットを落とす。

第2セットに入り、第1ゲームをラブゲームでブレークを許したダニエル太郎は、第8ゲーム15-40としブレークチャンスが訪れるがデュースに持ち込まれる。しかし最後はイストミンがグランドスマッシュをアウトし、ブレークバックし追いつく。

その後両者サービスキープしこのセットも再びタイブレークに突入すると、ダニエル太郎が6ポイント目で先にミニブレークに成功するが追いつかれる。11ポイント目で再びミニブレークに成功し、最後はファーストサービスを決め第2セットを取り、試合はファイナルセットに突入する。

ファイナルセット、第1ゲーム3度目のデュースの場面でイストミンを揺さぶりアプローチボレーを決めブレークポイント、バックハンドのパッシングショットを決め先にブレークに成功するが、第2ゲームで15-40の場面でダニエル太郎がダブルフォルトでブレークバックを許してしまう。

その後、サービスキープが続くが第7ゲーム、ダニエル太郎は2度目のスマッシュでポイントを決め吠えると次のポイントも取る。

ポイント先行した30-40の場面でダニエル太郎は果敢な攻めを見せ、最後はイストミンのフォアハンドがサイドアウトとなり2度目のブレークに成功する。

第8ゲームをサービスキープし、第9ゲーム0-30とし再び吠え、30-40とマッチポイントを迎えるが、このゲームはイストミンにサービスキープされる。

サービング・フォー・ザ・マッチとした第10ゲーム、0-40から2ポイントしのぐも最後はこのセット2度目となる痛恨のダブルフォルトでブレークバックを許す。

第12ゲーム、ダニエル太郎は3度目のダブルフォルトで15-30とし、最後まで健闘するもブレークを許し2時間53分の激戦の末に敗れた。

終始攻め続けたダニエル太郎は、角度をつけたストロークやドロップショット、フットワークを活かし、勝利まであと1ポイントとしたが惜しくも1回戦で姿を消した。

両者は初対戦となり、勝利したイストミンは2回戦で第5シードのJW・ツォンガ(フランス)と予選勝者のM・プルジシーズニー(ポーランド)の勝者と対戦する。


■関連記事■ 
・楽天OP初日 ダニエル太郎ら登場
・守屋 宏紀 本戦勝利ならず
・錦織 今季3度目、通算6度目の優勝
・錦織 全米準V後に優勝
・西岡 良仁が決勝 金獲得なるか


■関連動画■ 
・錦織 圭vsガスケ【シティ・オープン男子準々決勝】
・錦織 圭vsクエリー【シティ・オープン男子2回戦】
(2014年9月29日22時46分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!