- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

西岡良仁 「来年は2ケタ目指す」

今年グランドスラム初出場で予選を突破し本戦出場、アジア競技大会で男子シングルス40年ぶりの金メダルを獲得した西岡良仁(日本)がエキシビション、「空旅 .com HEAT JAPAN」に出場した際にtennis365.netの独占インタビューに応じた。

【西岡良仁 独占インタビュー】

-Q.今年はどんな年でしたか?
プロ1年目で多くの選手が苦しんだりすると思うのですが、自分は良いペースでランキングを上げることが出来、結果を残すことが出来て悪くなかったと思います。

-Q.当初、今年の目標はランキング200番台に入るということですが、だいぶ飛躍しましたね?
今年がこれだけ良かったので来年は2ケタを目指しています。少しハードではあると思いますが。

-Q.この1年でどこが変わりましたが?
いろいろ成長した部分がありますが、まずはフューチャーズを早々に卒業してチャレンジャーにトライすることが出来て、そのレベルに慣れることが出来たことです。最近はチャレンジャーでも勝てるようになってきました。上のレベルの選手とプレーする回数が増えて、相手のレベルが分かりだしたのでかなり良かったと思います。

-Q.4月のチャレンジャー大会では予選突破し、当時世界ランク74位のD・ヤング(アメリカ)を下しましたね?
初めてランキング2ケタの選手に勝利した試合でした。あの時はかなりいいプレーが出来て、正直当たって砕けろという気持ちでプレーしました。

ヤング選手はベストプレーでは無かったと思います。簡単なミスをしたり、自分のラッキーのショットで相手がイライラしだしたり、セカンドセット3-0でリードしていたけど追いつかれて、やっぱり勝てないかなと思いましたがファイナルセットですごい良いプレーが出来て、どんどん食らいついて拾ってミスを誘っていたら相手がしびれを切らしました。

あの時のようなプレーが出来ればランキング60位、70位台の選手ともしっかり戦えるんだと実感しました。

-Q.次に対戦した、同世代N・キリオス(オーストラリア)との敗戦については?
やっぱり完全に相手が上でした。何回か対戦しましたけど最近は負けっぱなしで。試合前から厳しいと思っていました、強いのは分かっていたので。サーブをなんとか食らいつかないとと思っていて、あのビッグサーブが入るとなかなか返せなくて。ストロークの質も良く、想像以上のストロークが返ってきて対処がなかなか出来なかったです。

将来的に可能性はあると思いましたが、現時点でこれに勝つのは難しいなと思わされました。あのようなパワーテニスに自分がついていけないのが現実かなと思ってしまいました。

-Q.今年1番嬉しい勝利はどれですか?
アジア大会の勝利もすごい嬉しかったのですが、グランドスラムの本戦に入った時もメッチャ嬉しかったです。

アジア大会は日本代表として大切な大会ですけど、グランドスラムは小さい時から出たかったので予選を上がったのは嬉しかったですね。

※インタビューの続きは12月16日に配信する。


■選手関連ニュース■ 
・西岡 緊急参戦も勝利飾る
・添田 豪 鈴木 貴男下し優勝
・19歳西岡良仁 40年ぶり金メダル


■最新ニュース■ 
・錦織は5位 準V江原は32上げる
・錦織 誕生日パーティーに参加
・奈良 くるみ 人気ランク49位


■最新動画■ 
・激戦となった最終戦複の決勝
・最終戦で魅せた超絶ポール回し
(2014年12月15日21時12分)
  • コメント -

    その他のニュース

    6月19日

    四大大会V経験者4名に主催者推薦 (21時34分)

    大坂なおみ ウィンブルドン出場決定 (18時33分)

    芝で転倒し叫び声、靭帯捻挫 (18時15分)

    ズベレフ 世界474位に大苦戦 (16時12分)

    加藤/シュアイ組 完勝で芝8強へ (14時23分)

    前週Vのデミノー 中一日で挑むも初戦敗退 (11時42分)

    マレー 現役5人目 1000試合に到達 (11時01分)

    “世界1位”としての初戦に逆転勝ち (10時01分)

    昨年王者アルカラス 芝初戦白星 (8時00分)

    大坂なおみ撃破「手強い相手」 (6時54分)

    6月18日

    錦織圭 次週大会に向け練習公開 (22時44分)

    ダニエル太郎 世界12位に完敗 (21時24分)

    大坂なおみ 世界8位に惜敗 (20時26分)

    【1ポイント速報】ダニエル太郎vsフリッツ (20時00分)

    【1ポイント速報】大坂なおみvsジェン (17時59分)

    小田凱人 2週連続Vで世界1位返り咲き (15時55分)

    6月末で終了「ディアドラ」プレゼントキャンペーン実施中 (15時41分)

    世界10位も五輪欠場「膝を危険にさらす」 (15時11分)

    完勝ディミ 好調維持し芝シーズンスタート (12時13分)

    世界3位が五輪欠場「休養を…」 (11時07分)

    メド 序盤苦戦も芝初戦は白星 (10時02分)

    ラオニッチ 1試合の最多エース記録樹立 (8時20分)

    6月17日

    日比野菜緒 世界24位に屈し初戦敗退 (22時58分)

    【1ポイント速報】日比野菜緒vsカリンスカヤ (20時55分)

    アルカラス 100週連続でトップ5維持 (19時03分)

    ダニエル85位 錦織400位に (16時19分)

    デミノーが自己最高へ 17日付世界ランク (15時46分)

    逆転勝ちの内島萌夏が本戦入り (14時00分)

    日比野菜緒 WTA500芝大会で本戦入り (12時13分)

    “三度目の正直”で初V 22歳が英国勢トップへ (11時38分)

    17歳の齋藤咲良 ITF大会で優勝 (10時32分)

    大坂なおみ 世界ランク113位に浮上 (9時36分)

    今季2度目 カップルで同週にツアーV (8時20分)

    ダニエル太郎、初戦でフリッツと激突 (7時20分)

    6月16日

    元世界6位撃破 22歳がツアー初V (23時45分)

    デ ミノー 通算9度目V 自己最高7位へ (22時31分)

    ダニエル太郎 相手棄権で本戦へ (21時32分)

    【中止】ダニエル太郎vsコキナキス (21時20分)

    西郷里奈 大東建託OP東京大会でV (19時54分)

    シナー明かす フェデラーの助言 (19時02分)

    9度目V王手で自己最高8位へ (18時03分)

    大坂撃破の元世界4位 5年ぶりV王手 (16時26分)

    18歳の本田尚也 ナダルと練習 (15時52分)

    【厳選】今週のスーパープレー5選 (15時08分)

    幻の焼き芋付き!女子ダブルス大会 (15時07分)

    3試合以上できる!混合ダブルス大会 (14時57分)

    島袋将 大会側のミスで出場取消しに (11時20分)

    元世界6位が復活 3冠に王手 (10時06分)

    ダニエル太郎 逆転勝ちで本戦王手 (8時48分)

    大坂なおみ 初戦で世界8位と激突 (7時33分)

    錦織圭 17日開幕芝大会は欠場 (6時37分)

    【動画】ティアフォーが転倒した場面(9:18~) (0時00分)

    【動画】錦織圭 次週大会に向け練習 (0時00分)

    ←ニューストップへ
    ←前のページに戻る
    ウインザーラケットショップ

    >>動画をもっと見る<<




    テニスの総合ポータルサイトテニス365
    テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!