- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

福井烈「挑戦してもらいたい」

全日本選手権で7度の優勝(最多記録)を誇り、ブリヂストンスポーツ所属プロとして多方面で活躍されている福井烈氏がブリヂストンスポーツ本社にてtennis365.netの独占インタビューに応じた。

インタビューの最終回では全日本選手権、デビスカップについて話を聞いた。

【福井烈 独占インタビュー】

-Q.今年の全日本選手権についてどう思ったか?
今年スポンサーになって頂いた橋本総業の橋本社長とはテニスをする間柄です。大変感謝しています。簡単にスポンサーになって頂く事は難しいことです。テニスの大会を支えてくださる方々にはテニス協会の役員として心から感謝を申し上げないといけません。その方々への恩返しというのはいい大会であり、沢山の方が見に来てくれることです。

そのために選手は強くならなければならない、我々は選手が活躍できる環境を整えなければならない。急にはできませんが一つ一つクリアして行けば必ず素晴らしい大会になると思います。世界ばかり見ていると日本の大会が盛り上がらないので、両方に目を向けなければいけません。近い将来テニスのスポンサーになってくださる企業が増えてくれるような大会にならなければと思います。その為に選手、役員共に頑張らなければなりません。

-Q.現在のデビスカップについてどう思っているか?
とても躍動感があって、今年日本代表の活躍で幕をあけてベスト8に入って史上最高の成績をおさめて、日本テニスにとって起爆剤となったと思います。
たくさんのお客さんに見に来ていただいて、応援もいろんな方の協力で我々が現役の時では考えられないくらいの応援で、一体感のある盛り上がる応援でした。大きな日の丸を作ってくれたり。選手が強くなったことと周りのサポートのおかげです。

監督をしていた時からずっと応援してくれている方もいて、我々の時はなかなか勝てなかったのですが、選手、スタッフ、お客さんに感謝です。
団体戦は勝つと非常に盛り上がるので来年1回目はアウェーでのカナダ戦ですが、植田監督が同級生で昔からの知り合いなのでそういう意味でももっと上にいってもらいたいです。

-Q.90年代に監督を務めていたがもう一度やりたいか?
やりたいと思うか、やりたくないと思うかというとやりたいとは思いません。
もっと若い方がやって、我々はサポートをすればいいと思います。一回やらせていただいて大切な面と難しさ、やりがいを経験させていただきました。

ただ当時は現役を終えて勉強する間も無く監督になりました。昔はそんな感じだったので。今から考えると本当に勉強不足でした。今は勉強もしましたしライセンスも取り今があるわけです。当時は何もなく選手の兄貴分という感じで監督になり、今考えると恥ずかしいくらいの監督としての技量で選手にも迷惑をかけたと思います。もっと勉強して取り組まなければいけないと今は思います。しかし当時は一生懸命、本当に一生懸命しました。これ以上ないくらい時間的、能力的にしてきました。

でも今となるともっとできることはあったと思います。今はこれまでの経験を新しい指導者に伝えて若い指導者に挑戦してもらいたい。そのほうがいいと思います、いい意味でバックアップが出来ればと思います。もうじき60歳だからね。

《福井烈独占インタビュー@》

《福井烈独占インタビューA》

《福井烈独占インタビューB》

福井烈・・・小学生の時にテニスを始め、インターハイ3連覇、アメリカ留学の後に中央大学に進み多くのタイトルを総なめにする。当時史上最年少の20歳で全日本選手権シングルス優勝し、その後3連覇を達成、史上最多7度の優勝を誇った。小柄な体格ながらも正確無比なストロークを武器に活躍した日本を代表するテニス選手。
92年から96年までデビスカップの監督も努め、現在はテニスの解説や日本テニス協会常務理事、JOC(日本オリンピック委員会)理事 選手強化本部 副本部長を務めている。

(取材協力:ブリヂストンスポーツ梶j


■最新ニュース■ 
・最新バリケード2015 お披露目
・田中 真梨「今度こそ優勝したい」
・今年1番の逆転劇はマレー
・コーチが語る澤柳 璃子の魅力
・プレミアリーグ 第4節始まる


■最新動画■ 

・ジョコビッチが新たな偉業達成!
・ダブルスのスペシャリストを特集!
(2014年12月12日7時27分)
  • コメント -

    その他のニュース

    1月15日

    大坂 隔離中の写真を公開 (22時09分)

    全豪OPのコロナ対策に感銘 (21時30分)

    錦織らツアーでの親友明かす (17時35分)

    コロナ陽性も渡豪を認める (17時28分)

    ヨネックスとJSTAが契約 (15時10分)

    膝の故障で全豪OPなど欠場へ (15時08分)

    豪に到着「自信を深めたい」 (13時53分)

    「勉強と努力が必要」とコルダ (11時49分)

    陽性のマレーに全豪「残念」 (10時29分)

    渡豪直前にコロナ陽性「失望」 (9時01分)

    大坂 24時間密着企画に出演 (7時35分)

    大坂なおみ ジョコら豪に到着 (0時52分)

    1月14日

    モヤ 豪はナダルに帯同せず (22時25分)

    17歳新星が全豪OP初の本戦へ (21時32分)

    マレー 新型コロナ陽性と公表 (20時26分)

    西岡、大坂ら 豪へ向け出発 (19時06分)

    トミック 全豪OP本戦入り (17時55分)

    7分で決着「全てよくなってる」 (16時32分)

    ツアー2勝目に「最高の気分」 (13時32分)

    青山/柴原V「戦い続けた」 (11時28分)

    全豪OP男子予選 16名が本戦へ (9時39分)

    全豪女子 日比ら本戦出場者決定 (8時55分)

    公式戦15連勝でキャリア9勝目 (7時02分)

    1月13日

    青山/ 柴原組 開幕戦でペア4勝目 (22時07分)

    日比万葉 全豪OP初の本戦入り (20時57分)

    【1ポイント速報】日比万葉vsラキモバ (20時40分)

    わずか7分で試合終了しV (19時43分)

    ダニエル太郎 全豪OP本戦逃す (18時17分)

    失セット0で決勝戦に到達 (16時39分)

    青山/ 柴原組 開幕戦でV王手 (16時17分)

    杉田祐一 陽性から回復を報告 (15時07分)

    初の決勝へ コルダ「幸せ」 (14時36分)

    サバレンカ 単14連勝で決勝進出 (13時57分)

    20歳コルダ、ツアー初の決勝へ (11時36分)

    デ ミノー決勝へ ゴファン撃破 (10時29分)

    日比万葉、全豪予選決勝に進出 (9時44分)

    ダニエル太郎 全豪本戦入り王手 (8時18分)

    1月12日

    YouTube 綿貫陽介ラケバ公開 (20時31分)

    快進撃で4強のコルダ「超満足」 (16時57分)

    イズナー 全豪OP欠場を発表 (16時23分)

    8度手術経験もツアー初4強へ (14時59分)

    好調サッカリ、ケニン破り4強 (14時51分)

    大坂 ヴィトンアンバサダー就任 (12時46分)

    イズナー撃破 20歳コルダ4強 (11時19分)

    新コーチ就任で開幕戦4強へ (10時15分)

    全豪予選、日比万葉が2回戦へ (8時57分)

    全豪予選 添田と伊藤は初戦敗退 (8時15分)

    ←ニューストップへ
    ←前のページに戻る
    ウインザーラケットショップ

    >>動画をもっと見る<<




    テニスの総合ポータルサイトテニス365
    テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!