- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダルが手術 最終戦は欠場

今週開催中の男子テニスツアーのスイス・インドア(スイス/バーゼル、ハード、賞金総額約191万ユーロ/優勝賞金約35万ユーロ)に出場しているR・ナダル(スペイン)は、11月3日に虫垂炎の手術を受ける事を決めたため、今季の活動を今週で終わりにすると発表した。

「今日が今シーズンにさよならを言う日になってしまいました。今年は精神的にも肉体的にもとても厳しい年でした。パリ(マスターズ1000大会)とロンドン(最終戦)には出場しません。そこで戦うには十分ではないのです。虫垂炎の手術を受ける必要があるし、腰の治療をする必要もあります。」

と語るナダルは、24日に行われたシングルス準々決勝で、主催者推薦で出場した17歳のB・コリッチに2-6, 6-7 (4-7)のストレートで敗れる波乱に見舞われた。来週行われるフランスはパリでのマスターズ1000大会、その後の男子ツアー最終戦を欠場する意向を示し、これで今シーズンの活動が終わりになる事を明かした。

続けて「術後は5週間の療養が必要で、その後の1カ月で全豪オープンそして2015年のシーズンへ向けてしっかり準備するつもりです。新しいシーズンを万全な状態で迎えるためには健康でいる必要があります。まずはそのためにも体を治療しなければならないのです。」と、手術を受ける決断に至った経緯を説明していた。

ウィンブルドンの4回戦でまさかの敗戦を喫したナダルは、その後全米オープンを含む北米シーズンを欠場していた。9月29日から開催したチャイナ・オープンで手首の怪我から復帰していたナダルは、翌週に行われた上海でのマスターズ1000大会の時に虫垂炎と診断されていた。

ナダルに加えて全米オープンでグランドスラム初優勝を飾ったM・チリッチ(クロアチア)と世界ランク13位のE・ガルビス(ラトビア)も来週のパリでのマスターズ1000大会の欠場を表明している。チリッチは右腕、ガルビスは右肩を負傷しているためだとしている。


■関連記事■ 
・波乱 ナダルが17歳に敗れる
・ナダル 会見で虫垂炎明かす
・虫垂炎のナダル 最終戦は暗雲
・ナダル 手術は最終戦後か
・ナダルが批判「怪我につながる」



■関連動画■ 
・ジョコビッチvsガルシア=ロペス【モンテカルロ・マスターズ】
・ナダルvsフェレール【モンテカルロ・マスターズ】
(2014年10月25日12時48分)
  • コメント -

  • ウインザーラケットショップ



    テニスの総合ポータルサイトテニス365
    テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!