- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー「信じられない」

男子テニスツアーの上海マスターズ(中国/上海、ハード、賞金総額約652万ドル/優勝賞金約80万ドル)は12日、シングルス決勝が行われ、第3シードのR・フェデラー(スイス)G・シモン(フランス)を7-6 (8-6), 7-6 (7-2)のストレートで下し、大会初優勝を果たした。

この試合、フェデラーはファーストサービスが入った時78パーセントの確率でポイントを獲得し、両者1度のブレークから各セットタイブレークに突入したが、1時間53分でフェデラーが勝利した。

フェデラーは準決勝、N・ジョコビッチ(セルビア)と対戦した時ほどのプレーではなく、試合を通じて36度のエラーを犯すが21度のウィナー、35度のネットプレーのうち24度決めた。

第1セット第1ゲームでシモンがいきなりブレークに成功し、フェデラーは追いかける展開となる。ストロークに緩急をつけ、強引ともいえるネットプレーでシモンのペースを崩そうとするがフェデラーもミスを犯し、第10ゲームでシモンのダブルフォルトもあり、ようやくチャンスが訪れ、2度目のチャンスでブレークに成功する。

タイブレークでは5ポイント目でフェデラーがフォアハンドのアウトでミニブレークを許すも、6・7ポイント目でミニブレークに成功しリードする。

10ポイント目でフェデラーは再びミニブレークを許し追いつかれるが、最後14ポイント目でフェデラーはバックハンドのダウンザラインを決め、第1セットを先取した。

第1セットを終え、シモンはバスルーム・ブレークと共にメディカルタイムアウトを要求し、第2セットに臨む。

シモンのサービスで始まった第2セット、第3ゲームで先にブレークチャンスが訪れたのはフェデラーだが、2度のチャンスを活かすことが出来ずシモンがキープする。

両者サービスキープが続く第9ゲームを終え、シモンはチェンジエンドの際、椅子に座り足をマッサージするようなしぐさを見せ、痛みからか顔をしかめる。その後も試合を続けるがボールを打つたびに痛みを表していた。

第10ゲームではフェデラーのドロップショットに反応できず転倒し、手首を押さえる場面もあった。

第12ゲームでシモンは2度のセットポイントをチャンスを得るが活かすことは出来ず、第2セットもタイブレークにもつれる。

1ポイント目でに見ブレークに成功したフェデラーだが、3ポイント目でシモンにパッシングショットを決められミニブレークを許す。

5・8ポイント目でフェデラーがミニブレークに成功しリードすると、最後はシモンがボールをネットにかけフェデラーが勝利した。

今大会フェデラーは初戦となる2回戦でL・マイェール(アルゼンチン)に5度のマッチポイントを凌いで勝利し、3回戦でR・バウティスタ=アグ(スペイン)、準々決勝でJ・ベネトー(フランス)、準決勝でジョコビッチを下しての勝ち上がりだった。

スポーツチャンネルGAORA SPORTSで生中継され、表彰後に行われたスピーチでフェデラーは、「本当に5本のマッチポイントを跳ね返した2回戦から決勝まで進むというのは信じられません。ジル(シモン)おめでとうございます。素晴らしい活躍でした。」

「2002年から大会に出場し、圭(錦織圭(日本))が全米オープンで活躍した事もあり本当にアジアのテニス界は盛り上がりを見せています。関係各位、ロレックスを始めスポンサーの皆さま、そして信じられないくらい応援してくれたファンの皆さんありがとうございます。来年もまたお会いしましょう。ありがとうございました。」

最後にフェデラーは中国語でお礼を伝え、スピーチを終えた。

両者は7度目の対戦となり、フェデラーはシモンに5勝2敗とし、2008年の連敗から5連勝とした。

フェデラーは今季4勝目、キャリア81勝目を達成し、13日に発表されるATP世界ランキングでは約17ヶ月ぶりに2位に復帰する。

今大会優勝した事によりマスターズ大会7大会を制覇し、全大会制覇のゴールデン・マスターズ達成までモンテカルロ・マスターズとBNLイタリア国際の後2大会としている。




■関連記事■ 
・フェデラー ジョコビッチ戦制す
・フェデラー「楽しみにしている」
・フェデラーが自信見せる
・フェデラー 17ヶ月ぶり2位へ
・シモン フェデラーのV止めるか


■関連動画■ 
・錦織とチリッチが激突した世紀の一戦
・ラオニチvsポスピシル【シティ・オープン男子決勝】
(2014年10月12日20時35分)

その他のニュース

2月24日

錦織 世界ランク31位へ後退 (10時19分)

西岡良仁 自己最高48位へ (10時03分)

西岡 デルレイビーチVならず (7時48分)

【1ポイント速報】西岡vsオペルカ (7時45分)

2月23日

内山が杉田破りドバイ本戦へ (20時06分)

望月慎太郎 初のCHで複準V (16時45分)

ジョコがチリッチと複で登場 (16時39分)

2週連続の決勝進出 初Vに王手 (14時36分)

ジョコらドバイ組み合わせ発表 (13時19分)

死闘制し20勝目「気分いい」 (13時14分)

西岡良仁「雨に助けられた」 (11時43分)

ナダル、ズべレフらが登場 (11時41分)

ティーム破る金星「感動的」 (10時48分)

西岡 デルレイビーチOP決勝へ (8時41分)

波乱 ティーム128位に敗れる (6時24分)

2月22日

ティーム、リード許し順延 (18時58分)

西岡良仁 世界ランク最高位へ (12時05分)

右ひざ手術「昨年に負傷」 (10時57分)

20歳リバキナ 2週連続決勝へ (10時14分)

メドヴェデフ完敗 4強ならず (9時53分)

西岡良仁 今季初の4強進出 (7時23分)

2月21日

工藤阿須加が語る テニスの展望 (18時31分)

錦織以来の日本人4強狙う (18時15分)

チリッチ下し約1カ月半ぶり勝利 (17時41分)

綿貫陽介 第1シードに快勝 (16時59分)

「水とお湯でテニスをサポートする話」 (15時57分)

マクラクラン勉組が準決勝へ (14時43分)

JTAと花王がスポンサー契約 (13時35分)

ティーム 自己最高3位へ王手 (12時51分)

トップ10選手から初勝利 (12時19分)

元世界1位を逆転で撃破 (11時51分)

2試合連続MPしのぎ勝利 (10時51分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!