- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

18歳西岡良仁 2大会連続V狙う

男子テニスツアーの下部大会であるアメックス・イスタンブール・チャレンジャー(トルコ/イスタンブール、ハード)は9日、シングルス1回戦が行われ、18歳の西岡良仁(日本)A・クドリャフツェフ(ロシア)を6-1, 6-4のストレートで下し、2回戦進出を決めた。

両者は今回が初めての対戦となった。

この試合、西岡良仁はファーストサービスが入った時に66パーセントの確率でポイントを獲得、さらにクドリャフツェフのサービスゲームを6度ブレークに成功して、59分で勝利をおさめた。

2回戦で西岡良仁は、第8シードのM・イルハン(トルコ)と対戦する。

西岡良仁は、先週行われたプサン・チャレンジャーの決勝で、S・デウバーマン(インド)をフルセットの末に下してチャレンジャー大会初優勝を果たした。今回は2大会連続優勝を狙う。

《初優勝の記事はこちら》

また、6月に行われた札幌国際オープンテニスでは、決勝で内山靖崇(日本)を下して優勝を飾った。ランキングを上げ、全米オープン予選出場の権利を得ると、初出場で予選3試合を勝ち抜いて本戦出場を決めた。本戦では体調不良のため万全な状態で臨めず、P・ロレンジ(イタリア)との1回戦、第3セット途中で棄権を申し入れ悔しい初戦敗退となった。

《全米オープン1回戦の記事はこちら》

また、今大会に出場しているその他日本勢は、守屋宏紀(日本)がM・ヤンコビッチ(セルビア)を、第4シードの伊藤竜馬(日本)がV・バルダ(ロシア)を、綿貫裕介(日本)がY・ヤンコビッツ(フランス)をそれぞれ下して2回戦進出を決めた。また、第5シードの杉田祐一(日本)M・ダニエル(ブラジル)に敗れて1回戦で姿を消した。

伊藤竜馬と綿貫裕介は、2回戦で日本人対決となる。


■関連記事■ 
・錦織 最終戦出場は射程圏内
・テニス界の新しい幕開けなるか
・チリッチ「努力が実を結んだ」
・共通の強さは『時間の使い方』
・錦織の賞金総額は約5億



■関連動画■ 
・絶好調ツォンガが他を圧倒するプレーでマスターズ制覇!
・最新技術で撮影されたフェデラー目線のプレー映像!
(2014年9月10日19時48分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!