- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ブシャール GS初優勝まであと1歩

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は3日、女子シングルス準決勝が行われ、第13シードのE・ブシャール(カナダ)が第3シードのS・ハレプ(ルーマニア)を7-6 (7-5), 6-2のストレートで下し、グランドスラム初の決勝進出を決めた。

この試合は、これからの女子テニスの次世代を担う2人の注目の対戦となった。

第1セット、先にブレークしたのはハレプだったが、その後すぐにブシャールがブレークバックに成功。

この直後、ハレプにアクシデントが発生。ボールを走って追いかけたが、止まりきれず左足首を痛めてしまった。ハレプはメディカルタイムアウトを要求し、トレーナーにテーピングを施してもらい再びプレーに戻った。

両者はそのままタイブレークに突入。接戦の末にタイブレークをものにしたのはブシャールとなった。

第2セットの第3ゲームでは、ハレプのダブルフォルトが2度あり、ブシャールがブレークに成功。両者、厳しいコースのラリー戦となるも、粘り強いテニスと強烈なストロークで攻めるブシャールが第5ゲームでもブレークに成功し、ゲームカウント6−2で勝利をおさめた。

初の決勝進出を決めたブシャールは、決勝で第6シードのP・クヴィトバ(チェコ共和国)と対戦する。

現在注目されている20歳のブシャールは、今年の全豪オープンでグランドスラム初のベスト4入りを果たし、世界に名を知らしめた。そして先日の全仏オープン、今回のウィンブルドンでもベスト4入りを果たしており、グランドスラム3大会連続の4強入りという安定した結果を残してきている。

《ブシャール4強の記事はこちら》

今大会では全試合ストレート勝ちという好調っぷりを発揮し、初の決勝進出を決めた。そして念願のグランドスラム初のタイトル獲得に王手となった。

また、今回の勝ち上がりによりブシャールは、大会後に発表される世界ランキングで念願のトップ10入りが確定している。

一方、敗れた22歳のハレプは、今年の全豪オープンでグランドスラム初のベスト8進出。大会後に発表された世界ランキングではトップ10入りを果たした。そしてランキングを徐々に上げていき、今では世界ランク3位とトップ3にまでのぼりつめた。

先日の全仏オープンでは、グランドスラム初の決勝進出を果たすも、惜しくも決勝でM・シャラポワ(ロシア)に敗れて準優勝に終わっていた。今回も初のタイトル獲得を狙うも、20歳のブシャールに阻まれることとなった。


■関連記事■ 

・20歳と22歳の新世代対決
・クヴィトバ 2度目の優勝に王手
・ウィリアムズ姉妹 単複で敗退
・昨年準Vリシキ、勢い止められず


■関連動画■ 

・ファンの注目度も高いグラスコートシーズンを特集!
・近年最も重要とされる”ランニングフォアハンド”を大解剖!
(2014年7月4日2時04分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!