- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

セリーナ敗退「何がダメだったのか」

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は28日、女子シングルス3回戦が行われ、第1シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)が第25シードのA・コルネ(フランス)に6-1, 3-6, 4-6の逆転で敗れ、3回戦で姿を消した。

この試合、セリーナはファーストサービスが入った時に68パーセンの確率でポイントを獲得するも、コルネに5度のブレークを許して2時間4分で敗退した。

試合後の会見でセリーナは「1・2回戦はサーブが良かったけど、今日はあまりエースがなかったわ。ファーストサーブがあまり良くなかった。頑張ったけど、どうしてダメだったかわからない。」と振り返った。

「全豪オープンはサッパリだったし、全仏オープンではひどいプレーだった。ウィンブルドンにきて調子が上がってきたところだったけど、かなりまともなプレーをしていたと思うから、ビデオを見直して何がダメだったのか見てみるわ。」と話した。

女王セリーナは、今年の全豪オープン4回戦でA・イバノビッチ(セルビア)に敗れ、全仏オープンでは2回戦でG・ムグルサ(スペイン)に敗れる波乱に見舞われていた。今回の敗戦により、セリーナはグランドスラム3大会連続でベスト8を前に姿を消すこととなった。

《セリーナ敗退の記事はこちら》

セリーナに勝利したコルネは、4回戦で第13シードのE・ブシャール(カナダ)と対戦する。

(コメントはWOWOWから抜粋)


■関連記事■ 

・シャラポワ ベッカム見守る中勝利
・優勝者対決はクヴィトバが制す
・セリーナ 49分で圧勝
・第16シードが罰金 不満の声も


■関連動画■ 

・攻めのテニスへと変貌を遂げた成長株を直撃!
・躍進続ける錦織がマイケル・チャンとの舞台裏を明かす!

(2014年6月29日13時44分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!