- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

元世界2位が12年ぶり8強

男子テニスツアーのマスターズ大会であるBNLイタリア国際男子(イタリア/ローマ、レッドクレー)は15日、シングルス3回戦が行われ、第15シードのT・ハース(ドイツ)が第3シードのS・ワウリンカ(スイス)を5-7, 6-2, 6-3のフルセットで下し、準々決勝進出を決めた。

この試合、ハースはファーストサービスが入った時に76パーセントの確率でポイントを獲得し、ワウリンカのサービスゲームを5度ブレークに成功し2時間で勝利した。

第1セットはワウリンカのペースでハースは2度のブレークを許し第1セット目を落とす。

第2セット以降ハースはワウリンカのサービスを攻略し第2セットに3度、第3セットに1度のブレークに成功した。また、第3セットにハースはワウリンカにブレークチャンスを与える事無く非常に安定したプレーを見せた。

両者は過去に1度対戦しており、ハースはワウリンカとの対戦成績を2勝0敗とし、前回の対戦は2006年カタール・エクソンモービル・オープン以来となる。

ハースは準々決勝で第6シードのT・ベルディフ(チェコ共和国)と第12シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)の勝者と対戦する。

現在36歳、世界ランク19位のハースは同大会で準々決勝まで進出したのは2002年、決勝でA・アガシ(アメリカ)に敗れ準優勝とした12年ぶりとなり、2002年はハースが最高位2位をマークした年でもある。





■関連記事■

《36歳ハース、2連覇目指す》

《錦織vsハース<BNPパリバ・オープン男子>》

《ハース、フェレール、フェデラーなどベテラン勢の活躍が光る》

《ナダル、初戦は3時間超え》

《男子2回戦の対戦結果とドロー表<BNLイタリア国際男子>》


■関連動画■

《ジョコビッチが王座奪還への決意を語る!》

《スイス勢トップの座を懸けてフェデラーとワウリンカが激突!》

(2014年5月15日22時25分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!