- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

クレー初優勝の錦織、全仏に期待<バルセロナ・オープン・サバデル>

男子テニスツアーのATPワールド・ツアー500大会であるバルセロナ・オープン・サバデル(スペイン/バルセロナ、クレー)は27日、シングルス決勝戦が行われ、第4シードの錦織圭(日本)はノーシードで勝ち上がったS・ヒラルド(コロンビア)に対し6-2, 6-2で下し、今大会初優勝、今季2勝目を果たした。

第1セットは錦織は第2ゲームに1度ブレークを許すも、その後は完璧な展開で6ゲーム連続で獲得し、第1セットを先取した。

《錦織圭、完璧な内容で第1セット先取<バルセロナ・オープン・サバデル>》

第2セットではヒラルドは準決勝、アルマグロに勝利した際に着用していたラッキーカラーであるピンクのゲームシャツから白のゲームシャツに着替え気分を一新するも、錦織の勢いは止まらず、速いテンポのストロークを展開、そこからドロップショットやクロスへのアングルショットを織り交ぜ、終始コートを支配し、この試合8ゲーム連続で獲得し、第1セットに3度、第2セットに2度の合計5度のブレークに成功した。

試合後の表彰式で錦織は「スペイン語は話せません、すいません」謝った後に、「バルセロナという大好きな都市で優勝できてうれしい。この大会はタフで、勝つことは難しいが、来年以降も戻ってきてまた活躍したい」とコメントした。

優勝のトロフィーを渡された時には大きさとあまりの重さに戸惑うも高らかにトロフィーを掲げた。

同大会のスペイン人以外の優勝者は2002年のG・ガウディオ(アルゼンチン)以来の事とり、スペイン人選手がいない決勝戦は1996年以来の事となった。

また勝利した錦織は今大会初優勝、今季2勝目、通算5度目の優勝、クレーでの大会初優勝となった。

そして優勝した事により、21日に発表される世界ランキングでは12位まで上げる。

今後のクレーシーズンは昨年、R・フェデラー(スイス)を初めて下しベスト8進出を果たしたムチュア・マドリッド・オープン男子、2回戦進出が最高成績のBNLイタリア国際男子、昨年4回戦でナダルに敗れた全仏オープンと続くが、今大会でのプレーを見る限りでは更なる活躍に期待がかかる。


■関連記事■

《錦織、トップ10入りに近づくか<バルセロナ・オープン・サバデル>》

《ユニクロが錦織、国枝、ジョコビッチの全仏モデルを発売》

《錦織、ナダル戦「自信がついてきている」<独占インタビュー1/2>》

《フェデラー破った錦織「最高の勝利の1つ」<ムチュア・マドリッド・オープン男子>》


■関連動画■

《100位以内で最年少となった期待の新星を特集!》

《実力者の躍進が目立つ今シーズンをデータで読み解く!》
(2014年4月28日5時19分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

6月28日

波乱 ティーム初戦で姿消す (7時02分)

【順延】ジョコvsポスピシル (1時23分)

【告知】添田、伊藤、加藤 (1時22分)

6月27日

ナダル 全仏偉業の裏側に迫る (18時58分)

錦織 ウィンブルドンへ到着 (17時04分)

日本勢女子2選手 全英本戦狙う (14時45分)

昨年話題のどん底コーチに注目 (11時44分)

杉田祐一 2回戦はフェレール (10時52分)

大坂なおみ、尾崎里紗に完勝 (8時17分)

添田 2時間半超えの激闘制す (7時14分)

6月26日

伊藤竜馬、全英予選2回戦へ (22時01分)

【1ポイント速報】守屋宏紀vsラコ (19時20分)

錦織ら 日本勢の世界ランク (17時19分)

全英予選 日本男子は5選手 (14時55分)

約7年ぶりにタイトル獲得 (13時19分)

袖山穂菜美、上伊倉破り優勝 (11時54分)

高木凌、下村亮太朗破りV (11時45分)

錦織9位変わらず 世界ランク (10時57分)

山田悠理、川原舞下し優勝 (10時41分)

清水盾伎が在原迅人を破りV (10時36分)

強盗事件乗り越え 通算20勝目 (9時18分)

大逆転勝利 35歳ロペスがV (8時01分)

6月25日

フェデラー 2年ぶり9度目V (21時08分)

【1ポイント速報】フェデラーvsズベレフ (21時07分)

20歳ズベレフ 単複で決勝へ (18時33分)

フェデラーを絶賛「良すぎた」 (16時59分)

40歳の鈴木貴男 惜しくも準V (14時46分)

強盗事件乗り越え、決勝進出 (12時02分)

マレー、エキシビに急遽出場 (11時02分)

芝で2大会連続の決勝進出 (10時13分)

チリッチ 5年ぶりVへ王手 (8時56分)

ズベレフ 逆転勝ちで決勝進出 (7時45分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る





テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!