- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

快進撃続けた19歳ブシャール「敗戦には満足しない」<全豪オープン>

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は23日、女子シングルス準決勝が行われ、ここまで快進撃を続けてきた19歳で第30シードのE・ブシャール(カナダ)は第4シードのN・リー(中国)に2-6, 4-6のストレートで敗れ、グランドスラム初優勝の夢が断たれた。

昨シーズンは世界ランク144位から32位にまで急上昇させたブシャールは、2013年の新人賞を受賞する活躍をみせた注目株だった。そんなブシャールは、今大会で自身初のグランドスラム2週目を経験したばかりか、ベスト4進出を果たした。

初の大舞台に緊張したのではという憶測をよそに、ブシャールは「敗戦には満足しない。もっと上にいきたいし、もっと上手くなりたいと常に思っている。」と、更なる向上心を覗かせていた。

今大会の勝ち上がりにより、来週発表の世界ランクではトップ20入りが決まっているブシャールの実力を、対戦したリーらが証明している。

ブシャールを下して、昨年に続き自身3度目の決勝進出を果たしたリーは「彼女(ブシャール)はきっと世界で最高の選手になると思う。」と、その実力に太鼓判を押していた。

4回戦で第1シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)を下しながらも、準々決勝でブシャールに敗れたA・イバノビッチ(セルビア)も「彼女は本当に優れている。まだ若いし、失うものは何もない勢いがある。」と、明るい未来が待ち構えている事を示唆していた。

ブシャールに必要なものは大舞台での経験。それはリーとの試合でも明らかだった。試合開始わずか14分でブシャールは、リーに5ゲームを連取され、第1セットはいきなりゲームカウント0−5の劣勢に立たされてしまった。

「普段と変わらない試合のつもりで臨もうと思っていたけど、思った以上に大きいものだった。集中を維持する事が、より一層大切な試合だった。コートに立ったけど、あまり良いプレーが出来なかった。」と、試合を振り返るブシャール。

そんなブシャールには、この大会の初戦から地元ファンの応援部隊が毎試合大きな声援を送っていた。主に男性からなるその部隊はブシャールのニックネームである“ジニー”を使い『ジニー・アーミー』という呼び名がつけられていた。

2回戦以降、ブシャールが勝利すると『ジニー・アーミー』はぬいぐるみをプレゼントしていた。カンガルー、ワライカワセミ、ウォンバット、そしてコアラがこれまで贈られたぬいぐるみだった。

試合後に行われた記者会見では、敗戦ながらも『ジニー・アーミー』からこの日も贈られたぬいぐるみを手に登場したブシャール。

「これはエミュー。彼女の名前はシエラ。」と19歳のあどけない微笑みを浮かべていた。ブシャールが『ジニー・アーミー』にまた再会するのは1年後のメルボルン・パークとなる。

全豪オープン2014

全豪オープン2014

■関連記事■

《19歳ブシャールが初のGS4強、昨年準Vリーとの準決勝へ<全豪オープン>》

《若手ブシャール、シャラポワと比べられ「認められるようになりたい」<東レPPO>》

《31歳リーがアジア勢史上最高位へ、さらに初の決勝進出<WTAチャンピオンシップ>》

《29歳リーがアジア勢初の快挙◇全仏オープン》

《苦しいリハビリを乗り越え快進撃「信じられない」、さらに対戦相手を絶賛<全米オープン>》


■関連動画■

《全豪オープンテニス2014みどころ》

(2014年1月24日8時23分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!