- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【コラム】フェデラー時代は終わりか、復活か

男子テニスで史上最多17度のグランドスラム優勝を誇り、史上最強と言われているR・フェデラー(スイス)。しかし、2013年は不調に陥り、フェデラー時代の終わりとも言われる1年となってしまった。

全豪オープンからシーズンをスタートさせたフェデラーは、A・マレー(英国)にフルセットで敗れるもベスト4入り。その後シーズン前半は、ABNアムロ 世界テニス・トーナメントで当時世界ランク39位のJ・ベネトー(フランス)に敗れるもトップ10以外の選手からの敗戦はなく、順調なシーズンを送っているかに見えた。

ベネトー以外でトップ10選手からの敗戦は、5月のムチュア・マドリッド・オープン男子3回戦で当時世界ランク16位の錦織圭(日本)がフェデラーから初勝利を飾った1試合のみだった。

だが、今シーズンの最大の番狂わせと言わしめた敗戦がフェデラーを襲った。

それは奇しくも、グランドスラムの中でも最も得意とし、これまで7度もの優勝を飾っていたウィンブルドンの2回戦。当時同ランク116位のS・スタコフスキ(ウクライナ)に敗退する屈辱とも取れる敗北を喫してしまった。

芝のシーズンに入り、ゲリー・ウェバー・オープンで今季初優勝を飾るなど、大会連覇と自身8度目の優勝を狙って臨んだウィンブルドンでのまさかの2回戦敗退だった。

フェデラーがトップ100圏外の選手からの敗戦を味わったのは2005年4月のモンテカルロ・マスターズ準々決勝以来で、その時は当時世界ランク101位で伸び盛りだったR・ガスケ(フランス)に負けて以来の事だった。

フェデラーの悲劇はそれだけでは終わらなかった。その後、当初スケジュールには入れていなかったヨーロッパのクレー大会に急遽出場したフェデラーは、ベット・アット・ホーム・オープン準決勝で当時世界ランク114位のF・デルボニス(アルゼンチン)、続いて地元スイスのクレディ・アグリコル・スイス・オープンでは初戦となる2回戦で当時世界ランク55位のD・ブランズ(ドイツ)と、続けざまにランキング下位選手に敗れてしまった。

当時を振り返りフェデラーは、この頃に腰に痛みがあり、万全の状態ではない中で大会に出場してしまい、あの時大会に出るべきではなかったと後悔の気持ちを語るなど、怪我を負っていた事をのちに明かしていた。

この思わぬランキングの低い選手からの敗戦が続いたフェデラーは、かつて「フェデラー・エクスプレス」と言われた勢いはすっかり影を潜め、もう引退ではと囁かれるようにもなってしまった。

ウィンブルドン敗退後はランキングも3位から5位と、2003年6月以来となるトップ3から脱落。8月には一時同ランク7位にまで後退した。

そんなフェデラーだったが、怪我を完治させたシーズン終盤では来シーズンへとつながるプレーを見せ始めた。

故郷でのスイス・インドアでは決勝戦でJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)に敗れはしたが、ゲリー・ウェバー・オープン以来となる今季3度目の決勝進出。続いてレギュラー・シーズン最後の大会だったパリでのBNPパリバ・マスターズでは準々決勝でデル=ポトロ相手にリベンジを果たしベスト4入り。

出場が危ぶまれたATPワールドツアー・ファイナルにも12年連続で出場し、予選ランドロビンではN・ジョコビッチ(セルビア)に敗れるも、ガスケ、デル=ポトロを下して準決勝進出を果たした。

万全な体調で臨んだシーズン終盤戦では、再びフェデラーらしいプレーを見せ始めてシーズンを終えた。まだまだやる気を見せる32歳のフェデラーは、好調さを取り戻して2014年のシーズンに臨む。


■関連記事■

《大番狂わせ、ナダルに続きフェデラーも<ウィンブルドン>》

《フェデラー、10年ぶりにトップ4から転落<世界ランキング>》

《フェデラーがトップ100圏外に敗れる波乱、キャリア通算12度目<ベット・アット・ホーム・オープン>》

《フェデラーがデル=ポトロ撃破、5年連続の決勝トーナメントへ<ATPワールドツアー・ファイナル>》

《【コラム】衝撃の大金星、錦織がフェデラー下す<激闘シリーズ その1>》


■関連動画■

《2013年のスーパープレーベスト10を発表!ジョコビッチやナダルの驚異的なショットも!ATP男子ツアーマガジン Vol.198》

《11年連続で"最も人気のある選手"に選ばれたのは!?ATP男子ツアーマガジン Vol.197》

《ジョコビッチも唖然の完璧なドロップショットに観客が熱狂!ATP男子ツアーマガジン Vol.196》

《秘蔵映像!フェデラーがボールボーラー!?ATP男子ツアーマガジン Vol.195》

《「ベビー・フェデラー」と呼ばれる22歳ディミトロフが念願の初優勝!ATP男子ツアーマガジン Vol.194》
(2013年12月6日10時52分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

7月16日

逆転で約3時間の死闘制す (21時28分)

15歳ガウフ 自己最高141位 (20時48分)

MPしのぎ逆転で激闘制す (20時01分)

20歳対決制し初戦突破 (18時49分)

内田海智 快勝でCH初戦突破 (17時30分)

チェッキナート 初戦で完敗 (16時30分)

ジョコ 獲得総数フェデラーに並ぶ (15時13分)

19本エース決めるも敗退 (13時26分)

錦織6位浮上、15日付最終戦ランク (11時02分)

錦織7位 15日付の日本勢ランク (9時09分)

メドヴェデフ 自己最高10位へ (8時05分)

7月15日

望月慎太郎 ジュニア世界1位 (22時02分)

錦織7位 7/15付の世界ランク (17時00分)

大坂2位 7/15付の世界ランク (16時00分)

グランドスラム2大会連続V (15時30分)

初優勝で世界1位へ (15時00分)

望月 錦織は「素晴らしい人」 (11時00分)

ジョコ「喜び超える感情」 (9時52分)

錦織圭 快挙の望月慎太郎を祝福 (8時49分)

フェデラー「これが現実」 (7時08分)

望月慎太郎「快挙の実感ない」 (6時19分)

フェデラー惜敗「忘れない」 (4時31分)

ジョコV5「誇りに思う」 (4時02分)

ジョコビッチ 死闘制しV5 (3時08分)

国枝 ウィンブルドン初V逃す (3時06分)

【1ポイント速報】フェデラーvsジョコ (3時05分)

7月14日

日本男子初の快挙 望月が頂点に (22時35分)

望月慎太郎V 日本男子初の快挙 (22時09分)

デル=ポトロ 松葉杖なしに (16時58分)

ハレプ 腹痛乗り越え快挙達成 (15時00分)

約5時間の死闘制し初優勝 (13時59分)

セリーナ 産後初Vと偉業逃す (7時53分)

ハレプV「人生で最高の試合」 (5時56分)

セリーナ わずか56分で敗れる (0時00分)

7月13日

ハレプ初V「一生忘れない」 (23時36分)

ハレプ初V セリーナに完勝 (23時06分)

【1ポイント速報】ハレプvsセリーナ (23時05分)

土居美咲 スウェーデンOP優勝 (20時33分)

フェデラー 決勝ジョコを警戒 (18時51分)

ナダル「ロジャーが勝者に値する」 (17時57分)

望月慎太郎、死闘制し快挙 (16時55分)

バウティスタ=アグ「満足」 (15時51分)

ジョコ、フェデラーは「速い」 (13時30分)

フェデラー、ナダルを称賛 (11時00分)

望月決勝へ「よく分からない」 (10時02分)

ナダル落胆 フェデラーに脱帽 (9時06分)

フェデラー「作戦貫いた」 (6時37分)

国枝 ウィンブルドン初の決勝へ (6時14分)

フェデラー決勝へ ナダル撃破 (3時42分)

【1ポイント速報】フェデラーvsナダル (0時29分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!