- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラーとナダルを比較、アガシ語る

男子テニスで8度のグランドスラム優勝を誇る元世界1位A・アガシ(アメリカ)が、同じ時代に戦った戦友でかつては史上最強の選手と言われたP・サンプラス(アメリカ)と、そのサンプラスの記録を塗り替えたR・フェデラー(スイス)について、フェデラーの方が史上最強の選手であると語ると同時に、フェデラーを抜く可能性がR・ナダル(スペイン)にあると語った。

「正直に言うと、フェデラーが1クラス上だと思う。つまり私達はどのサーフェスでも他を圧倒していた選手を言っているんだ。あの頃も唯一クレーのナダルだけに勝てなかったけど、それ以外はどのサーフェスでもほとんど負けなかったからね。」とアガシは、現在32歳のフェデラーの絶頂期を振り返った。

2009年ウィンブルドンの優勝で、それまでサンプラスが保持していたグランドスラム最多優勝回数の15に並んだフェデラー。その後、サンプラスの世界ランク1位在位最長記録286週も、2012年のウィンブルドン優勝後に塗り替えたフェデラーは、77週間その座に君臨した。その時のフェデラーのウィンブルドン優勝が、今現在までのグランドスラム最多優勝である17度目の優勝となっている。

「ピート(サンプラス)は速いサーフェスでは他を圧倒していたけど、クレーシーズンではみんな彼と対戦したがった。彼から勝利を飾れるチャンスだからね。でも、フェデラーにはそれがなかった。彼はまさにワールドクラスのオールラウンド・プレーヤー。ナダルがどのサーフェスでも活躍し始めるまでは、フェデラーが確かに史上最強の選手だと言えただろう。」

現在27歳のナダルは、既に13度のグランドスラム優勝を飾り、そのフェデラーに対しては21勝10敗と、大きく勝ち越している。

「ナダルは史上最強の選手の議論には異義を唱えるかもしれない。もしナダルがフェデラーと同じテーブルに座っていてフェデラーが“自分が史上最強だ”と、言ったとする。」

「私の最初の疑問は“どうしてあなたは僕を倒せないでいるんだい?僕はあなたから倍以上の勝ち星を飾っているんだよ!”になる。それに加えてナダルは“そうそう、それに僕は全てで勝利をあげている。オリンピックでの金メダルやデビスカップでの優勝もね”と、言うかもしれない。」

とアガシは、フェデラーとナダルの会話を想像して、ナダルがフェデラーを上回る可能性に示唆していた。

年間4度開催されるグランドスラムの全てでタイトルを獲得しているアガシ。そのメジャー・タイトル含めキャリア60度のツアー優勝と、世界ランク1位も101週間君臨していたアガシだが、自分自身は史上最強の選手という議論にはあてはまらないとも語っていた。

「最強の選手には、ほど遠いよ。その選手のリストにもあがらない。何とか全てのグランドスラムで優勝する事も出来たけど、それは最初の基準にすぎないと考えている。私にとっては、その2人(フェデラーとナダル)か、R・レーバー(オーストラリア)がその議論に値する選手だと思う。」

現時点での成績や功績ではフェデラーなのかもしれないが、ナダルの現役生活はまだまだ続くため、今後グランドスラムでの優勝回数や世界ランク1位の在位もさらに更新する可能性が高い。

史上最強の選手は誰かという議論は、アガシが語るように今後も物議をかもし出す議題になるだろう。


■関連記事■

《フェデラー、ナダル撃破について「ジョコビッチなら」<全仏オープン>》

《「呪い」の1週目、フェデラーやナダルが餌食に<ウィンブルドン>》

《ナダルがフェデラーとの最大ライバル対決制す<W&Sマスターズ>》

《フェデラー「かなり落胆」「必ず強くなって戻ってくる」<全米オープン>》

《フェデラー戦の勢い封じたナダル、見えてくる王者の座<全米オープン>》


■関連動画■

《芸術的なバックハンドを放つ天才ガスケを特集!ATP男子ツアーマガジン Vol.187》

《歴代王者が集結した華やかな式典を特集!ATP男子ツアーマガジン Vol.186》

《フェデラーが不調とラケットチェンジについて語る!ATP男子ツアーマガジン Vol.185》

(翻訳・記事/弓削忠則)
(2013年9月27日9時42分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

6月16日

添田豪、快勝でCH4強へ (14時01分)

マレー 復帰戦のドロー決定 (12時04分)

フェデラー 初戦は世界56位に (10時55分)

棄権ラオニッチ「申し訳ない」 (10時05分)

6月15日

大坂らバーミンガム組み合わせ (21時41分)

アンダーソンら芝前哨戦出場一覧 (18時30分)

サーフェス変更も逆転勝ち (18時08分)

内山靖崇「残念」CH4強ならず (17時39分)

チョリッチMPしのぎ逆転4強 (16時58分)

ベルテンス 2試合制し4強 (15時52分)

添田豪 11本エースでCH8強 (14時51分)

MPしのぎ4強入り 激闘制す (13時51分)

フェデラーら レーバー杯参戦 (12時02分)

快勝ラオニッチ「良かった」 (11時22分)

ガスケ 1日2試合制し4強へ (10時52分)

6月14日

錦織に続きティームもハレ欠場 (20時09分)

好調ガリン 今季4度目8強 (19時10分)

モンフィス 激闘の末に敗れる (18時01分)

ズべレフ撃破 復活の兆し (17時09分)

完勝「全てがうまくいった」 (15時00分)

ハチャノフ 完敗で初戦敗退 (13時35分)

ズべレフ 今季初の芝は黒星 (12時02分)

チチパス 風に苦戦で初戦敗退 (11時29分)

錦織 ハレ大会を欠場 (10時33分)

6月13日

クヴィトバ けが癒えず欠場 (19時11分)

マクドナルド 手術成功を報告 (18時45分)

デ ミノー初戦突破で8強へ (16時48分)

ラオニッチ 激闘制し8強入り (13時19分)

サーフェス変更もシード撃破 (12時04分)

圧巻29秒キープも初戦敗退 (11時12分)

マレー、シングルス復帰へ希望 (10時44分)

マレー 復帰へ向け会場で練習 (7時35分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!