- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレー破ったワウリンカ驚き隠せず「信じられない試合だった」<全米オープン>

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は5日、男子シングルス準々決勝が行われ、第9シードのS・ワウリンカ(スイス)が第3シードで大会2連覇を狙っていたA・マレー(英国)を6-4, 6-3, 6-2のストレートで下し、自身初のグランドスラムでベスト4進出を果たした。

試合後、ワウリンカは「特にこの大会で、そしてあんな試合を戦った今、正に驚きさ。アンディ(マレー)は前年度チャンピオン。とてもタフな相手だから、とにかく嬉しい。信じられない試合だった。しかもストレートで彼を倒せたなんて、ただただ驚くばかりさ。」とグランドスラム35大会目にして、初の4強入りに驚きを隠せていなかった。

「普段は緊張してしまって、その緊張から数ゲーム失ってしまう。でも、今日は自分のテニスに集中する事が出来た。風があって難しいコンディションだったけど、攻撃的なプレーを努めて、彼にプレッシャーをかけようという作戦だった。」

「なぜなら、彼はちょっと守りに入る事があるから。彼をベースラインの後方へ下げさせたいと思ったし、今日はそれが出来た。」

「今日の試合は、今シーズンの鍵になる試合の1つである事は確実。厳しい状況もあったけど、最後は前向きでいられた。全豪オープン中も、かつてないくらい高いレベルでプレー出来ていた。それは自分にとって、かなり大切な事。練習でもそうだし、良い感じでテニスが出来ていれば、こうして結果につながるという事がわかった。」

ワウリンカは初の決勝進出をかけて、世界ランク1位で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と準決勝で顔を合わせる。この日の準々決勝でジョコビッチは、第21シードのM・ヨージニを6-3, 6-2, 3-6, 6-0で下して4強入りを決めた。

ワウリンカは今年の全豪オープン4回戦でジョコビッチと対戦しており、6-1, 5-7, 4-6, 7-6 (7-5), 10-12とジョコビッチを崖っぷちまで追い詰めるも敗れている。

《全米オープン 対戦表》


■関連記事■

《連覇の夢途絶えたマレー、チャンス掴めず完敗<全米オープン>》

《フェデラー「かなり落胆」「必ず強くなって戻ってくる」<全米オープン>》

《フェデラー戦の勢い封じたナダル、見えてくる王者の座<全米オープン>》

《ヒューイット、僅差で30代ベテラン対決に敗れる<全米オープン>》

《元王者ヒューイットをマレーが称賛「秘めた選手」<全米オープン>》

《ジョコビッチのダイエット本出版が決定「人生や生活が変わった」》


■関連動画■

《フェデラーが不調とラケットチェンジについて語る!ATP男子ツアーマガジン Vol.185》

《新たな伝説を目指す王者ジョコビッチ!ATP男子ツアーマガジン Vol.183》

《フェデラーが黒塗りラケットで再始動!ATP男子ツアーマガジン Vol.181》
(2013年9月6日15時38分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!