- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

元王者ヒューイットをマレーが称賛「秘めた選手」<全米オープン>

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は1日、男子シングルス3回戦が行われ、2001年覇者で元世界ランク1位のL・ヒューイット(オーストラリア)E・ドンスコイ(ロシア)を6-3, 7-6 (7-5), 3-6, 6-1で下し、7年ぶりにベスト16進出を決めた。

今大会ヒューイットは絶好調で、2回戦では2009年覇者で第6シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)をフルセットの激闘の末に破り、勢いに乗っている。

試合後、ヒューイットは「試合の序盤から攻撃的なプレーを心掛けた。いいプレーが出来て、早々にブレーク成功した。これが第1セットのダイジェストかな。今日はサーブがとても好調だったし、狙い通りに入った。セカンドサーブでプレッシャーがかかっている場面でも、相手にチャンスを与える事はほとんどなかった。」と、コメント。

4回戦でヒューイットは、第21シードのM・ヨージニと対戦する。ヨージニは、3回戦で第12シードのT・ハース(ドイツ)をセットカウント3−1で下しての勝ち上がり。

また、昨年の全米オープンでグランドスラム初優勝を飾り、今年のウィンブルドンでは1936年のフレッド・ペリー以来77年ぶりとなる悲願の地元優勝を果たす快挙を達成したA・マレー(英国)は、元王者ヒューイットを次のように称えている。

「一生懸命練習しているし、競争を楽しむタイプで素晴らしい選手。人は忘れやすいから、ヒューイットのような選手がピークの時にどれほどいいプレーをしていたのか忘れてしまう。」

「彼(ヒューイット)はシーズンを世界1位で終えた事が2度もあるし、四大大会で2度の優勝をしている。フィットネスがしっかりして、健康な状態であれば、彼はどんな選手にも勝つ可能性を秘めた選手なんだ。」

今大会でマレーは3回戦でF・マイヤー(ドイツ)をストレートで下し、4回戦ではD・イストミン(ウズベキスタン)と対戦する。

《全米オープン 対戦表》


■関連記事■

《元王者ヒューイットが4時間3分でデル=ポトロ撃破<全米オープン>》

《元世界1位ヒューイット、3時間6分で振り切る<全米オープン>》

《近年のラケットについて、マレー「進化しているわけではない」<全米オープン>》

《錦織撃破のエヴァンス、快進撃は3回戦でストップ<全米オープン>》

《添田、疑惑の判定に泣く<全米オープン>》


■関連動画■

《今季ハードコートで無敗のナダルが決勝に挑む!ATP男子ツアーマガジン Vol.184》

《新たな伝説を目指す王者ジョコビッチ!ATP男子ツアーマガジン Vol.183》

《フェデラーが黒塗りラケットで再始動!ATP男子ツアーマガジン Vol.181》
(2013年9月2日11時52分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!