- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

アメリカトップ3が激突、スティーブンスが初16強入り<全米オープン>

女子テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は大会5日目の30日、女子シングルス3回戦が行われ、地元期待の選手である第15シードのS・スティーブンス(アメリカ)と第23シードのJ・ハンプトン(アメリカ)が対戦。今季勢いに乗る若手のスティーブンスがハンプトンを6-1, 6-3のストレートで破り、今大会自身初となるベスト16進出を決めた。

両者は、世界1位のS・ウィリアムズ(アメリカ)に次ぐアメリカ上位ランク選手で、スティーブンスが16位、ハンプトンが26位と、アメリカ勢トップ3選手同士の対戦となった。また、フェドカップのチームメンバー同士でもある両者だが、20歳のスティーブンスは今年全てのグランドスラムでシードされているのに対し、23歳のハンプトンはやや遅咲きで、今大会が自身初となるグランドスラムでのシードであった。

同胞対決となったこの日の試合について、スティーブンスは「他のアメリカの選手との対戦はいつも本当にタフなの。ジェーミー(ハンプトン)は友人だし、良い試合になることは分かっていた。特にここ全米オープンでの対戦というのは特別な意味を持つわね。でもこの対戦を楽しみにしていたの。私達はともにお互いの良いところも悪いところも知っている。だから私も彼女もともに自分の試合をするだけだったわ。」と答えた。

一方敗れたハンプトンは「重要なポイントで良いプレーが出来なかったし、今日の自分のプレーには本当にがっかりしているわ。彼女(スティーブンス)は今年大きな舞台で経験を積んできていたから、その差がでたのかもしれないわ。」とスティーブンスを称えた。

両者は、イーストボーンでハンプトンが自身初となるツアー大会で決勝に進出した直後の、ウィンブルドン1回戦でも対戦していたが、その際もスティーブンスがストレートで勝利を収めていた。

今年の全豪オープン準々決勝でS・ウィリアムズを破る大金星をあげ、その名を世界に知らしめたスティーブンスは、全仏オープンでも4回戦に進出、ウィンブルドンでは優勝したM・バルトリ(フランス)に敗れるも準々決勝進出を果たすなど、今季着実に成績を残している。

そして全米オープンの前哨戦であるW&Sオープン女子の1回戦で世界ランク3位のM・シャラポワ(ロシア)を破るなど好調を維持しており、今年最後のグランドスラム大会で更なる飛躍を目指す。

スティーブンスはベスト8進出をかけて第1シードのS・ウィリアムズとY・シュウェドワ(カザフスタン)の勝者と対戦する。

仮にセリーナとの再戦となったら、との質問に対しスティーブンスは「もしセリーナとの試合になれば、本当に素晴らしいものになるでしょうね。おそらくアーサーアッシュスタジアムでの試合になるので、みんなも楽しみにしてくれるでしょうし、私も本当に楽しみしているわ。そして自分の試合にできるだけ集中するようにするわ。私にできることはそれだけですから。」と答えた。

また、この日行われた3回戦に登場した奈良くるみ(日本)は、元世界ランク1位のJ・ヤンコビッチ(セルビア)にストレートで敗れ、日本女子で杉山愛(日本)以来となる9年ぶりの全米オープンベスト16入りとはならなかった。

第9シードのJ・ヤンコビッチは、予選から勝ち上がった世界ランク109位の奈良くるみに翻弄されるも6-4, 7-6 (7-5)で振り切り、決勝進出を果たした2008年以来となる大会ベスト16進出を決めた。

この試合の第1セット、ヤンコビッチがバックハンドからの攻撃でポイントを奪うと、奈良もネットでの鮮やかなボレーやパッシングショットで応戦。この試合序盤は互角の展開を見せる。しかし、試合が動いたのはゲームカウント5ー4とヤンコビッチがリードした奈良くるみのサーブの場面で、ここでヤンコビッチが奈良のサービスゲームでブレークに成功させ6-4で第1セットを先取する。

第2セットに入ると奈良くるみの逆襲がはじまる。序盤から安定しないヤンコビッチのサーブを攻め、ブレークに成功。5-2とリードを広げる。しかし、ここからのあと1ゲームが遠く、タイブレークにもつれたこのセット最後は5-5から奈良くるみが2本連続でストロークをミス。このセットもヤンコビッチに奪われ、奈良にとっては悔しい敗戦となった。

4回戦でヤンコビッチは、L・ロブソン(英国)をストレートで下した第5シードのN・リー(中国)と対戦する。ヤンコビッチとリーは過去8度対戦し4勝4敗の互角。直近の対戦はクレーコートでの対戦であったがヤンコビッチがストレートで勝利をおさめている。

《全米オープン 対戦表》

■関連記事■

《セリーナが19歳に敗れる波乱◇全豪オープン》

《シャラポワ快勝も20歳新鋭に期待「莫大な才能がある」<全仏オープン>》

《シャラポワ、元世界1位コナーズ招いてからは黒星スタート<W&Sオープン女子>》

《快進撃の奈良くるみ、杉山愛以来9年ぶりの4回戦逃す<全米オープン>》

《21歳の奈良くるみ、グランドスラムで3年ぶり2度目の初戦突破<全米オープン>》

■関連動画■

【無料】歴代のスター選手が集結、WTA女子ツアー設立40周年パーティー

(2013年8月31日11時02分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

9月28日

【告知】土居美咲vsサッカリ (8時47分)

【告知】綿貫陽介 アジア大会 準決勝 (8時06分)

9月27日

加藤未唯ペア 東レ初戦突破 (22時52分)

綿貫陽介 アジア大会4強 (22時35分)

本玉に「素晴らしかった」 (21時27分)

本玉真唯「やっぱり強いなと」 (21時01分)

本玉、世界2位に大健闘も敗退 (19時18分)

【1ポイント速報】本玉vsシフィオンテク (18時10分)

島袋 ダニエルとの3時間半死闘制す (17時54分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vs島袋 (16時40分)

ラケット破壊&握手拒否を謝罪 (16時36分)

穂積絵莉/ 二宮真琴ペアが第1シード撃破 (15時44分)

物議醸すルール「通達あった」 (15時40分)

土居美咲と対戦「楽しみたい」 (14時45分)

西岡「本当にすごく良かった」 (13時33分)

1回戦からビッグカード 超豪華チャイナOP (10時47分)

綿貫陽介 アジア大会8強入り (9時33分)

ズベレフ 21勝目「うれしい」 (8時43分)

西岡、準Vも「素晴らしい一週間」 (7時26分)

土居美咲「うわぁ勝っちゃった!」 (6時54分)

9月26日

西岡良仁 第1シードに屈し準V (22時37分)

土居美咲 引退大会で初戦突破し涙 (21時55分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsハチャノフ (20時32分)

【1ポイント速報】土居美咲 最後の大会 1回戦 (20時05分)

青山/柴原ペア 日本勢対決制し8強 (19時38分)

韓国選手 ラケット破壊&握手拒否 (17時12分)

坂詰姫野 LLいかせず初戦敗退 (14時33分)

ポケモンカードに熱中 21歳の躍進 (12時23分)

ズベレフ 21勝目に王手 (10時52分)

アジア大会、綿貫&望月が16強 (8時29分)

大坂なおみ 世界ランクが消滅 (7時23分)

9月25日

西岡良仁が決勝進出、3度目V王手 (23時13分)

【1ポイント速報】西岡vsカラツェフ (22時00分)

本玉真唯が憧れ撃破、次戦女王 (21時33分)

「大坂なおみはテニス界にとって...」 (19時33分)

不満露わの第3シードが欠場 (17時49分)

超接近戦!高速ボレー合戦制し4強 (16時58分)

内島萌夏、東レPPO初戦敗退 (13時57分)

ジョコとアルカラスのチーム切望 (10時34分)

「ロジャーが見ているときが1番」 (10時04分)

アジア大会、加治遥ら16強へ (8時57分)

圧勝2連覇でレーバー杯終幕 (7時56分)

東レ 日本勢6名が本戦、女王戦も (6時58分)

【動画】土居美咲 勝利の瞬間、そして涙 (0時00分)

【動画】クォンが激しくラケットを破壊したシーン (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!