- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】セリーナが19歳に敗れる波乱◇全豪オープン

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は大会10日目の23日、女子シングルス準々決勝が行われ、第3シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)が第29シードで19歳のS・スティーブンス(アメリカ)に6-3, 5-7, 4-6で敗れる波乱が起きた。

セリーナとスティーブンスは、今年のブリスベン国際女子準々決勝でも対戦し、その時はセリーナがストレートで勝利していた。

勝利したスティーブンスは、18歳で期待のL・ロブソン(英国)クルム伊達公子(日本)を下したB・ヨバノフスキ(セルビア)などに勝利し、ベスト8進出を決めていた。

今大会でセリーナは、2003年・2005年・2007年・2009年・2010年の過去5度の優勝を果たしていた。また、セリーナは昨年の戦績を59勝4敗という圧倒的な強さでシーズンを終わらせていた。さらに、昨年の全仏オープン1回戦でセリーナは、V・ラッツァーノ(フランス)に6-4, 6-7 (5-7), 3-6の逆転で敗れて以来、31勝1敗という驚異的な数字を記録し、他を寄せ付けなかった。


【第1セット】

セリーナとスティーブンスの準々決勝は、第1セットの第8ゲームでセリーナがブレークに成功し、このセットを28分で先取する。


【第2セット】

第2セットに入ると、第1ゲームでセリーナがいきなりブレークする。しかし、第4ゲームでセリーナは、スティーブンスの安定したストロークにおされ、第4ゲームでブレークバックを許してしまい、ゲームカウント2−2となる。

その後、セリーナは第8ゲームでスティーブンスにこのセット2度目のブレークを許し、ゲームカウント3−5とリードされてしまう。続く第9ゲーム、スティーブンスのサービング・フォー・ザ・セットのゲームで、セリーナは粘りのあるラリー戦などでセットポイントをしのいでブレークバックに成功、ゲームカウント4−5とする。

しかし、第12ゲームでセリーナはスティーブンスの強力なストロークに翻弄されブレークを許し、セットカウント1−1となる。また、今年に入りセリーナがセットを落とすのは初の事だった。


【第3セット】

互いにサービスゲームを続けるも、第7ゲームでセリーナは15−40とブレークチャンスを握る。その後、スティーブンスとの激しいラリー戦の末にデュースに戻されるも、セリーナはなんとかこのゲームをブレークし、ゲームカウント4−3とリードする。

しかし、続く第8ゲームで今度はセリーナが15−40とチャンスを与えてしまい、スティーブンスにブレークバックを許す。その後の第10ゲームでミスを重ねたセリーナは、このゲームをスティーブンスにブレークされてしまい、2時間17分でゲームセットとなった。

勝利したスティーブンスは準決勝で、第1シードのV・アザレンカ(ベラルーシ)と対戦する。アザレンカは準々決勝で、S・クズネツォワ(ロシア)にストレートで勝利していた。


【全豪オープン スコア速報】

■関連記事■

《シャラポワ、リーとの準決勝に闘志燃やす◇全豪オープン女子デイセッション総括》

《アザレンカ、元世界2位のノーシード下す◇全豪オープン》

《王者ジョコビッチ3連覇へあと2勝◇全豪オープン》

《同胞を激闘で破ったフェレール、勝利は「奇跡」◇全豪オープン 男子デイセッション総括》

(2013年1月23日14時01分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!