- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

元世界4位ブレイクが引退表明「全米が最後の大会」<全米オープン>

男子テニスで元世界ランク4位のJ・ブレイク(アメリカ)は、現在行われている全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)を最後に現役を引退すると表明した。

会見を開いた33歳のブレイクは「全米が僕の最後の大会。14年間、すごく良い年を過ごした。全ての瞬間を楽しんだし、これ以上のキャリアは望めなかったよ。」と、話した。

「僕が望む以上の事が出来た。こんな気分になるなんて思わなかったけど、僕も人間だ。こういう事もあるさ。」と、ブレイクは涙を流しながら語った。

1999年にプロへ転向したブレイクは、キャリア通算10度のツアー優勝を飾り、世界ランキングで2006年の11月に自己最高の4位までのぼりつめた。

全米オープンでブレイクは2度のベスト8進出がある。最初は2005年で、その時はA・アガシ(アメリカ)とフルセットの大激闘の末に敗れた。2度目は翌年の2006年にR・フェデラー(スイス)と対戦するも、セットカウント1−3で敗れ、ベスト4進出とはならなかった。

今大会の1回戦でブレイクは、予選から勝ち上がったI・カルロビッチ(クロアチア)と対戦する。

また、昨年の全米オープンで現役生活に幕を閉じた同胞のA・ロディック(アメリカ)は、自身のツイッターでブレイクに「ジェームズ(ブレイク)、長年のチームメイトとして、友人として君に感謝している。」と、コメント。

近年、P・サンプラス(アメリカ)(2003年)、アガシ(2006年)、ロディック(2012年)らアメリカ勢は地元全米オープンを最後に現役引退を表明している。

一方、今大会に第11シードで出場した錦織圭(日本)がツアー初優勝を飾ったデルレイビーチ国際テニス選手権での決勝の相手はブレイクだった。

《全米オープン 対戦表》


■関連記事■

《突然引退のバルトリ「プロテニス人生に幕を閉じる時」》

《ロディック「この大会で最後にすることを決断しました」◇全米オープン》

《ナダルが3年ぶりのタイトル獲得へ好発進<全米オープン>》

《アメリカテニス界を牽引したロディック涙、「何から言おう」◇全米オープン》

《錦織が世界179位に敗れる波乱、2年ぶりの初戦敗退<全米オープン>》

《【コラム】フェデラー最大の被害者となったロディック「自分がどう感じるかが重要」◇第1弾 2012引退シリーズ その3》


■関連動画■

《新たな伝説を目指す王者ジョコビッチ!ATP男子ツアーマガジン Vol.183》

《錦織も出場するハードコートシーズン開幕!ATP男子ツアーマガジン Vol.182》

《フェデラーが黒塗りラケットで再始動!ATP男子ツアーマガジン Vol.181》

(2013年8月27日12時28分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!